白井岳バックカントリースノーボード滑走日記                              雪山で使えるGPS性能比較
パタゴニア


白井岳 (12月23日)
白井岳に続く山頂稜線
地吹雪の中の山頂稜線


今回も天候の女神は微笑んではくれませんでした。予定ではゴンドラ利用で無風快晴の中朝里岳ルートで白井山頂を踏む予定でした
が、上空の雲の動きは速く雪まで降ってくるしまつです。 このような状況ではよほどの自信が有っても飛行場には踏み入るべきでは
ありません。(過去に苦い経験有り)

今日の入山は自分達(5人パーティー)と、なんと単独の女の子山スキーヤー(北海道の某大学生とのこと)です。 沢に入って不安が
的中しました。 積雪が足りない!スノーブリッジが掛かってない!それでもなんとか渡渉を繰り返し山頂を目指します。


白井岳
深いラッセルとウルサイ、ブッシュ
積雪は足りないくせにラッセルは深く、ブッシュもうるさい。
しかも、いつも下降ラインで使用している沢はあちらこちら口を開けて、落ちたら
大変な事になりそう・・
本日、山ボード2回目のノビタ君には可愛そうなコンディションです。
交代でラッセルし進みますが、深い雪に苦しめられ稜線に上がったのは、タイム
アップ寸前。 「今日はお昼を食べている余裕は無さそう。」と皆に告げると
約1名ドラミちゃんが急に無口になりました。お昼に食べるカップ麺を楽しみに
ここまで辛いラッセルに耐えたとか。 「無事下山したら暖かな味噌ラーメンでも
食べようねー。」と宥めながら地吹雪の中山頂に向かいます。
山頂到着時僅かに青空が覗きましたが相変わらずの地吹雪で周りの景色は殆
ど見えず・・下山準備をしていると先ほどの単独の女の子山スキーヤーも上がっ
てきました。(記念に写真をパチリ)

白井岳
元気な女の子山スキーヤー
白井岳
吹雪の中の一瞬の太陽

登りでは深いラッセルに苦しめられましたが山頂直下の斜面では素晴らしいパウダーの世界を楽しみました。 その後の下降ルートは?
開いた沢と深い雪に苦しめられながら日没寸前に下山。 センターハウスのラーメンは営業時間終了にてありつけませんでした。
でも、帰りに寄った白樺の湯とキムチラーメンは絶品でした。

白井岳 白井岳 白井岳

余談ですが、今回の山行では不思議な事がありました。滑りの写真を撮ろうと構えているとカメラの電源がすぐに落ちてしまい苦労しま
した。その時の気温−18度。気温のせいか?とも思いましたが約1名がファインダーに入った時だけ電源が落ちません。不思議だ?





Top Hokkaido Surfin Backcountry Link パタゴニア
ハンディーGPS性能比較 冬山 バックカントリーの 装備 Tボード 山岳関連の本 
車の維持費をタダで抑える!  山行日記
サーフミュージック サーフィン入門講座
パタゴニア

戻る
冬山で頼りになるGPSガーミン、エンペックス性能比較