羊蹄山バックカントリースノーボード滑走日記                              雪山で使えるGPS性能比較
パタゴニア


羊蹄山 (最高の天気の中雲上の薬園へ)
羊蹄山 山頂直下
天候、雪質とも最高のコンディション


今回は天候も安定しそうとの事で羊蹄を真狩から入りました。 朝の駐車場の気温は−14度と身支度する手も凍えます。 そう言えば今
朝、明け方の羊蹄は何ともいえない色の輝きをしていたのが印象的です。

羊蹄山を登る
樹林帯の中で一休み
今日のパーティーの人数は苫小牧から初参加の2名を加えて7名と、ちょっとした大人数です
が、同じ趣味を通して知り合いが増えるのは楽しい事です。樹林帯を登るうちに体も温まり汗
が噴出しますが、太陽の光が暖かく気持ちの良い登りが続きます。今日は1500mあたりまで
上がれれば良いかな、と思っていましたが、天気も良く上の雪質が安定していたら山頂から滑
る事も可能でしょう。 

今日いっぱいは移動性の高気圧に覆われ夕方までは天候が安定しているとの事で日没直前」
まで楽しめるはずです。多少のラッセルは覚悟していたものの昨日のものと思われるトレース
を利用させてもらいラッセルはいっさい無し!なんてついているのだろう!途中トレースは右の
尾根に取り付き、夏道を忠実にたどっている模様です。いつもの我々のルート取りとは多少違
いますが、今日はこのトレースどうりに行くのが楽チちんです。

1200m〜1300m地点で一人用の雪洞を発見。この見晴らしのいい場所で泊まるのはさぞかし気持ちのいい事だと思います。 それに
しても
今日の陽気は休憩していると眠たくなりそうなくらいのどかです。

羊蹄山を登る 羊蹄山を登る
稜線闊歩(1400m地点) 9.5合目テラスより下界を望む

1500m地点からは苦しい登りが続きますが、最後の休憩地点の9、5合目テラスに着いたのが 15時10分と、山頂まではほんの僅
かですが今、下山しなければ麓に着く前に日没を迎えてしまう事になり、今日はここから滑る事にします。 最初の狭い40度ほどの斜面
を 慎重に下り大斜面に出てからはハイスピードで下ります。この斜度この高度感が羊蹄の醍醐味かもしれません。1月にこの位置から
滑るにはよほど雪質が安定していなければ、雪崩の危険もあり今日は本当にラッキーです。


羊蹄山を滑る 羊蹄山を滑る
やはりTTは調子良さそう ドータカ さん

登りの途中で弱層を調べましたが、危険なほどではないので最初に私が滑り、斜面の途中でカメラを構えます。上部大斜面の後は気持
ちの良いツリーラン。 斜度、雪質、滑走距離、どれを取っても最高の今日の羊蹄でした。 下山後、駐車場から自分達のシュプールを
確認するのもまた楽しい一時です。





Top Hokkaido Surfin Backcountry Link パタゴニア
ハンディーGPS性能比較 冬山 バックカントリーの 装備 Tボード 山岳関連の本 
車の維持費をタダで抑える!  山行日記
サーフミュージック サーフィン入門講座
パタゴニア

戻る
気になるGPSガーミン、エンペックス性能価格比較