羊蹄山バックカントリースノーボード滑走日記                              雪山で使えるGPS性能比較
パタゴニア


羊蹄山 (2月9日)
羊蹄山
標高1750m付近で雲を突き抜けた・・・はずだったが・・


8日は職場のスキー遠足で二セコモイワ行きましたが、この季節としてはめったに無い暖かで無風快晴の一日でした。 羊蹄もピーク
まで綺麗に見えていて行きたくなりました。 10日の天気予報は・・午前中は雪が降るものの午後から晴れるとか。 この日を逃しては
チャンスはそう無いかも!と思い立ち急遽決めました。

AM6:00 南墓地到着で唖然! 低い雲が立ち込めピークはおろか標高700mあたりから上は見えません。 (チャンスは昨日だったか
も!) それでも午後から天候回復とピークは雲の上に出ているかも。という期待を胸に出発します。運が良ければ雲海が見れる?


羊蹄山 羊蹄山
20m先の仲間が見えない ホワイトアウトに近い中の登り


案の定、雲の中はミルクを流したような状態で先を行く仲間の姿を見失うほど。 視界の無い中、高度が上がるにつれ体感温度が上昇
しているのに気が付きました。 上空のガスが薄くなり太陽からの温度を感じます。
標高1700付近で一瞬ガスが晴れ急に視界が開けます。 雲海ははるか足下の1500mあたりに広がっていました。 このガスは山肌を
舐めるように這い上がってきたもの。 やがてホワイトアウト状態に戻ってしまいました。 9,5号目テラスにて食事をとりながらガスが晴
れるのを待ちましたが二度と晴れ間は訪れず、残念ですが今日はここからの下山です。


羊蹄山 まったく視界が無い中での滑走は自分のスピード、位置がつかめず現実感が有りま
せん。 仲間とはぐれないよう慎重に下り、今日の山行を終了しました。
下界に下りてビックリ!なんと真狩の街中もガスの中。 
帰りは真狩温泉にて反省会・・近いうちにまた来るぞー!

今日は視界不良のため滑りの写真は殆どありません。
次回に期待!
ガスの下まで降りて写真をパチリ





Top Hokkaido Surfin Backcountry Link パタゴニア
ハンディーGPS性能比較 冬山 バックカントリーの 装備 Tボード 山岳関連の本 
車の維持費をタダで抑える!  山行日記
サーフミュージック サーフィン入門講座
パタゴニア

戻る
冬山で頼りになるGPSガーミン、エンペックス性能比較