白井岳バックカントリースノーボード滑走日記                              冬山で使えるGPS性能比較
バックカントリー 日記
パタゴニア


白井岳(2月28日)
白井岳を滑る
地吹雪で逆光の中、自らの巻き上げたスプレーの中から現れるドイちゃん。ちょっと幻想的でした。


前日の天気予報ではとても山に入る気がしませんでしたが、ほんの僅かな擬似好天を利用して登頂。 山頂から滑る事が出来ました。
ここ白井岳は、余市岳、朝里岳とならんで余市三山と呼ばれる山で、夏道は無く登頂は冬の積雪を利用してのみ行う事が出来る山です。
その北に落ち込む朝里岳沢では4月初旬まで良質のパウダーを楽しむ事が出来 、ラインさえ間違わなければ殆ど滑って麓の国際スキー
場まで戻る事が出来るのでお気に入りの山です。


白井岳を登る 白井岳を登る
巨大な原生林の中の登り 山頂稜線への登り


白井岳山頂 もともと今日はやる気無し・・ちょっと風邪ぎみだし・・
ラッセルからルート取りまでドラミちゃんとドイチャンにお任せする事にしました。
下りのラインだけは変なはまり方をしないようにリードしますよー。
なんと今日はドラミが最後までトップで登りました。ルートどりは?
ルート図とうりで100点です。いつもの下ネタも良い出来でした。
沢の中は標高800m位までは湿った雪でしたが、その上は乾いたパウダーの世界

風は強いものの時折青空も覗きます。
今日は1100m位から滑るつもりでしたがこの分だと山頂から滑れそう!
雪質も申し分なく今日は当りでしょう!
山頂到着後、そそくさと下りの準備。
山頂直下の最後の登り


白井岳を滑る
今日は頑張ったドラミ


滑りは? 勿論今回も脳味噌が解けてしまいました。 後にドラミいわく「よだれが出っ放し」とか・・
上部のオープンから適度な間隔の巨木を抜けるツリーラン。 最後は沢の両側に当てこみながらと今日も楽しい白井でした。
帰りはドラミちゃんのオゴリでカラバトカレー食べてかえりましたよ。 でも少し辛目で口の中がひりひりしていました。





Top Hokkaido Surfin Backcountry Link パタゴニア
ハンディーGPS性能比較 冬山 バックカントリーの 装備 Tボード 山岳関連の本 
車の維持費をタダで抑える!  山行日記
サーフミュージック サーフィン入門講座
パタゴニア

戻る
冬山で使えるGPS性能比較