富良野岳バックカントリースノーボード滑走日記                              雪山で使えるGPS性能比較
バックカントリー 日記
パタゴニア


富良野岳(1月11日)
富良野岳 ベベルイ沢
まだまだ積雪には不満はあるもののボールの中はパウダー天国


富良野岳 今日は羊蹄でも・・と思っていましたが前日の気象情報では、どうも荒れ模様。
十勝岳山域だけは多少の降雪はあるものの風も弱く天候は回復傾向とのことで
早起きをしてやって来ました。
久しぶりのこの山域は札幌近郊とは植生も違い独特の空気があります。
待ち合わせ時間に少々遅れ駐車帯に到着してみると、既に満車常態。
身支度を整え渡渉地点に向いましたが立派なトレースが付いています。
せっかくですから有り難く利用させてもらうことに・・有り難う御座います。
山に入ってみるとやはりあと1m位は積雪が欲しい。
しかしトレースを外すとシューを着けているにも関わらず膝上まで沈みます。
トレースも踏み込むと20cm位は沈み、ここ数日で乾燥した降雪が多量にあった
事をうかがわせます。
気温はマイナス6℃。この標高を考えれば脅威的な暖かさで尾根の取り付きで
一汗かかされました。
お腹の傷は・・勿論痛みませんが、ザックの腰ベルトが当るのが気にかかります。
気持ちの良い原生林の中の登り


登り初めて暫らくは視界が利きましたが
1300m付近から上はガスの中を進みます。
さらに高度を上げると又してもホワイトアウト常態。
視界の無い中を滑っても楽しく無いとのことで
今日は1600m付近から滑る事にしました。
ボールの中は?
中々魅力的な斜面が広がっていますが
まだ多少ブッシュが顔を出していて
あと1mは積雪が欲しいところ。
まー細かな事は気にせず早々にドロップ。
富良野岳 富良野岳
1480m付近での休憩 ホワイトアウトの中さらに高度を上げる

余談ですがいつも撮影に使用しているカメラはサイバーショットの初期型で連写がききません。
したがって今日のようなコンディションでの撮影ではピントもあいずらく、高速で動く被写体を
一枚撮りで追うのは結構大変です。
いつもどうりに撮影の為ファーストでドロップ!これが失敗でした。高速で大きなターンをまわし
て特大のスプレーを・・と思いましたが視界が利かず斜面の凹凸が解からず思わぬ所でエンスト
したりノッキングしたりで折角の美味しい斜面でブザマな滑りをしてしまい
かなりの勢いで凹みました。それを見ていた皆は良いラインで落していましたけどね・・最悪・・


富良野岳を滑る 富良野岳を滑る 富良野岳を滑る
モッチ? ドラミちゃん kokisさん?


尾根上に戻り多少高度を落した所で他のパーティーが休憩していました。
一緒に来ていたと思われるワンちゃんが脇をすり抜けた自分の後を追って
走って付いてきました。
なんとこの深いパウダーの中を頭オーバーのスプレー(犬サイズ)を上げて追い越して
行ったのには驚きました。 止まると彼?も立ち止まりこちらを見ています。
「解かってるよ。今日は君の勝ちだ・・凹」と言うと、ご主人の方に又しても
頭オーバーのスプレーを上げて登っていきました。
登りもあの勢いか・・さらに凹・・





Top Hokkaido Surfin Backcountry Link パタゴニア
ハンディーGPS性能比較 冬山 バックカントリーの 装備 Tボード 山岳関連の本 
車の維持費をタダで抑える!  山行日記
サーフミュージック サーフィン入門講座
パタゴニア

戻る
雪山で頼りになるGPS性能比較