チセヌプリ バックカントリースノーボード滑走日記                               山で使えるGPS性能比較
チセヌプリ バックカントリー
パタゴニア


チセヌプリ (1135m)1月23日 



昨日はMt.レースイで行われたJAPAN CROSS GAME MASTERS
2005 予選のスタート係りのお手伝いにかりだされ、といっても
スタートの時に倒すゲートをそのつど元に戻す係りなのですが、
朝から夕方までずーと山の上。 麓の気温マイナス12度
スタート地点の気温は風も強かったため体感温度マイナス18度位?
で、すっかり風邪ぎみにて今日はお休みにしようかと思いましたが
この降雪・・


やっぱり寝ている場合じゃないでしょう。
でも体調が完全ではないためお手軽なチセヌプリに来てみました。
案の定、腰ほどの降雪があったもようでゲレンデ内でも素晴らしい
パウダーのコンディション。
今日は登らなくてもいいんじゃないの?とも思いましたが
やっぱり左写真の斜面を見たらここを滑りたいでしょう!
チセヌプリ


このチセヌプリ地形図とログはガーミンe-trexとカシミールを使用して製作しています。
チセヌプリ冬季ルート&GPSログ チセヌプリ 出発が10時と遅めのためすでに立派なトレースが付いていました。
トレースの深さは腿位、先行トレースに感謝しながら登ります。
左の地図ではリフトが古い物になっていますが。実際には832mの
小山まで伸びています。


天候は?晴れたり小雪が降ったりでまーまーのコンディション。
途中2組のスノーボーダーに会いました。みんなこの積雪に
顔がほころんでいます。 そういう自分達もニヤニヤ。


山頂部にかかり下を見下ろすと十数名の登山者が登って来るのが
見えました。 やはりお手軽なせいか今日のような日は多くの人が
訪れるのかもしれません。


みんなが山頂に着くまえに、とっとと降りなくては・・
やはり他のラインが入る前に滑りたいですもんね。


今日の滑走ルートは沢に降りず登って来たルートをそのまま
下ります。 沢の斜面も魅力的なのですがこの雪の深さで緩斜面で
はまるのを嫌いました。
登り始めは青空も・・
チセヌプリ
先行トレースに感謝
クリックで拡大


滑りだそうとしたら、またいつもの事ながら降雪にて視界不良・・ 足下には多くの登山者・・ 天候待ちせずに滑る事にしました。
滑りだすと思っていた以上のパウダーの深さです。 感覚的には余市南斜面の斜度を緩くしたような感覚!良い雪です。
通常ならここで登り返してもう一本ですが、今日は多くの登山者が入っているので、おとなしく下山。 ゲレンデに残してきたmioちゃん
と合流してセンターハウス前にてカップ麺の昼食。 帰りは鯉川温泉に寄りましたがここは秘湯の雰囲気をまだ残していてちょっと気に入って
しまいました。


チセヌプリ
全身雪まみれ



チセヌプリワンポイントアドバイス

雪質も素晴らしく斜度もそこそこのチセヌプリ。なんといってもアプローチが楽です。
滑走は登り返して2本滑ることをお勧めします。帰りは832の小山の中腹を巻いてゲレンデの途中に出るのが
楽です。でも降りすぎるとハマル事も・・温泉も隣接して2軒あり理想的なロケーション。
天気が良ければ西に降りてシャクナゲまで足をのばすのもいいかもしれません。





Top Hokkaido Surfin Backcountry Link パタゴニア
ハンディーGPS性能比較 冬山 バックカントリーの 装備 Tボード 山岳関連の本 
車の維持費をタダで抑える!  山行日記
サーフミュージック サーフィン入門講座
パタゴニア

戻る
冬山で頼りになるGPS性能比較