白井岳バックカントリースノーボード滑走日記                                 山で使えるGPS性能比較
白井岳 バックカントリー
パタゴニア


白井岳(1301m)3月13日 



今回も案の定天候は思わしくありません。
ですが予報では午後から回復傾向・・ホントか・・?

若干出発を遅らせ9時30分より白井岳入山。
昨日からの降雪と思われる新雪が腿位まで積もっています。
先行トレースの深さを見てもかなり辛そう・・

トレースどうりに進むも、どうもルートが左にずれているような・・
しかしトレースを外すのも辛そう。
そんな事を考えながら高度を上げて行きます。

今回は、ブービーさんのお友達が初参加でドラミちゃんと
合わせて4人パーティーです。
天候は時折強い降雪があったり、日が差したりと目まぐるしく
変わります。
白井岳 山頂直下

この白井岳地形図とログはガーミンe-trexとカシミールを使用して製作しています。
白井岳 冬季ルート&GPSログ 白井岳 山頂 どうもトレースの方向が気になり
チェックを繰り返しますが、この
ままでは山頂北側の急斜面の
下に出そうです。

あそこは風製雪が吹き溜まる場所
で、そこを登るのはどうも気が進み
ません。

ですがトレースは真っ直ぐ北面に
向かっています。
1100m付近で先行者確認。
山スキーヤー5名のパーティー
です。

ここからトレースを外してルート修正。
しかしラッセルは深く、場所によっては
胸までの積雪。

ドラミちゃんは?身長の関係で
首ラッセル!って それ・・
もがいているだけですから。

ここから山頂までに1時間近くかかって
しまいました。 しかも北面のど真ん中
を登るはめに・・なんせラッセルが
深く、山頂までの最短距離をとるので
精一杯でした。

心配していた風製雪の層もなく
吹雪の白井岳、山頂到着。
地吹雪の白井岳山頂到着
白井岳
クリックで拡大 滑りだすも、とんでもなく雪が深い

白井岳 白井岳
ドラミ ブービー
白井岳
Mさん 雪が深すぎ板が浮いてこない・・

山頂では吹雪いたり、急に無風になったりと不思議な天候です。 準備をすませ北面に滑りこみます。 それにしてもこの時期でこの積雪。
急斜面では何とか板が浮きますが、斜面が緩くなると完璧にお手上げ状態。今回もいつもの下降ルートはとれず、登りのトレースを利用して
の滑走となりました。gentemフローター168でも歯が立たず・・


白井岳ワンポイントアドバイス

ここ白井岳は札幌国際スキー場8人乗りゴンドラの山頂駅からも朝里岳を経由してアプローチできますが、視界が悪い時は
よほどの経験者でも白井に続く尾根に下りる場所を見つけるのに苦労します。また山頂が不明瞭な朝里岳を含む通称「飛行場」は
目標物も無く強風時に体を隠す場所もありませんので、悪天候時には自信があっても踏み込むべきではありません。

天候に不安がある場合は今回のこのルートをお勧めいたします。山頂までの時間に変わりはなく、稜線に出るまでは風裏となり
滑走する沢の内部の雪質も確認できるので安心です。




Top Hokkaido Surfin Backcountry Link パタゴニア
ハンディーGPS性能比較 冬山 バックカントリーの 装備 Tボード 
車の維持費をタダで抑える!  山行日記 山岳関連の本
サーフミュージック サーフィン入門講座
パタゴニア

戻る
 冬山で使えるGPS性能比較