イワオヌプリ バックカントリースノーボード滑走日記                          ●ホワイトアウトで頼りになる GPS性能比較
イワオヌプリ バックカントリー 日記
パタゴニア


イワオヌプリ (1116m)

イワオヌプリ 視界不良 ちょっと出遅れましたがシーズン最初の山はイワオヌプリです。
札幌を出る時から雪降りの天候で今日も視界が悪そうです。
状況をみながら現地に着いてチセかイワオに決めようと思っていましたが
どちらも似たようなコンディション。
ただ風が弱いのが救いですが降雪&ガス=視界が殆ど無し・・


待ち合わせの五色に若干遅れて到着。
車が3台、他のパーティーも入っているようです。
今年のニセコ一帯は久しぶりに雪が豊富でハイシーズンの2月位
の景色です。


先行パーティーのおかげでラッセルは無し。
アプローチの尾根に取り付きいいペースで登ります。
休憩時に先行者確認。山スキーとスノーボーダー
5名ほどのパーティーです。

このイワオヌプリ地形図とログはガーミンe-trexとカシミールを使用して製作しています。
イワオヌプリ冬季ルート ログ
イワオヌプリ 駐車場 ほとんど視界が無いイワオヌプリ尾根上
入山準備、12月にしてこの積雪 視界の無いなかの登り

尾根上でピットチェックをしている先行パーティーを追い越しさらに登ります。
ついにガスの中に突入。何も見えない・・
毎度のことですがこの視界での滑りは楽しくなさそうですが、久しぶりの冬山の感覚に
楽しい気分です。
あっけなく山頂に到着。もちろんボウル内は何も見えません・・
わかってはいましたが残念。
クリックで拡大

ボウル内はまったく視界がなく手探りのような滑走・・残念ながら滑りの写真を撮ることが出来ませんでした。
ですが積雪、雪質とも素晴らしく久しぶりのパウダーの感触を楽しむことができました。

ドラミ イワオヌプリ ドイちゃん イワオヌプリ ボトムまで降りて適当な風裏を探し昼ごはん。
今回は新しい装備「ジェット・ボイル」を使用して
みました。
これはバーナーと熱効率の良いクッカーがセット
になったもので250mlの水を約100秒で沸騰させる
というものです。
クッカーの底にはバーナーの熱を効率よく
伝えるフラックスリングが付いていて
風よけにもなります。


昼食にいつもカップ麺を食べるのでこれはちょっと
気になるアイテムです。
クッカー内部にバーナーとガスカートリッジも収納
ちょっとしたカップも付属しています。
冬山での使用は初めてですが風防を使用せず
お湯を沸かしてみました。
食後はドラミ特性のレモンティー付きですし。
滑り終えて ドラミ ハラへった 不完全燃焼 ドイちゃん

イワオヌプリで使ったジェットボイルとgentem フラックスリング
クッカー底のフラックスリング
ジェットボイル セット内容
大きそうに見えますが収納はコンパクト バーナーをセットした状態、右は蓋とカップ

使ってみて驚きました今までの約半分の時間(2分弱)でカップ麺1杯分のお湯が沸騰しました。これは時間とガスの節約になります。
しかもバーナーとクッカーが接続されているので不安定な場所でも、今までのようにゴトクからクッカーが滑ってずれるということもありません。
ただチタン製のクッカーに小型バーナーの組み合わせに比べると若干重くなりますが(約620g )気になるほどではないでしょう。
店頭で販売されているのを見たことがありませんので購入、問い合わせは「ホワイトジャンキー」さんのお店へ。 通販もしていますし
このサイトから来たといえば5%割引で出して頂けます。なおこの製品は「お勧め商品」にUPされています。
下山後は五色温泉の露天でまったり・・次回はどこの山に行こうか?




イワオヌプリワンポイントアドバイス

イワオヌプリのボウルは比較的雪付きがよく、シーズンも早いうちから滑走が楽しめます。
他の山域が滑走不可の場合でもここはOKなんてことも珍しくなくシーズン最初にやるにはおすすめです。
ボウル内は中央の斜度が緩く上から見下ろして右に行くほど斜度が増します。
シーズンの早いうちはボウル両サイドは雪の下に岩が隠れていることもあり、なるべく中央にラインをとりましょう。
視界が悪い時は注意が必要です。
下山後は勿論、駐車帯に隣接の五色温泉がおすすめです。








Top Hokkaido Surfin Backcountry Link パタゴニア
ハンディーGPS性能比較 冬山 バックカントリーの 装備 Tボード 山岳関連の本 
車の維持費をタダで抑える!  山行日記
サーフミュージック サーフィン入門講座
パタゴニア

戻る
冬山で頼りになるGPS性能比較