羊蹄山バックカントリースノーボード滑走日記                              ●ホワイトアウトで頼りになる GPS性能比較
羊蹄山 バックカントリー
パタゴニア


羊蹄山(1893m) 4月23日

羊蹄山 今日は快晴!昨日からどこに行くか散々迷いました。
余市岳、積丹岳、そして羊蹄山、今シーズンはここまでの快晴は
無いとのことで春の羊蹄に決定です。


早朝に札幌を出発しますが雲が低い・・
本当に晴れるのかな?もしかしたら雲海が見れるかも!
中山峠の山頂付近はガスっていてイマイチ不安。
しかし雲は薄そうです。


駐車場ではすでにいくつかのパーティーが入山の準備中でした。
スノーボーダーは・・?いないみたいですね。
今日は山頂まで一番近い真狩からの入山です。


天気が良ければ山頂でお昼ご飯食べれるかな?

羊蹄山 登山口駐車場 羊蹄山 から見る雲海 試作アイゼン
入山準備 標高1000m付近から見る雲海 シューから外したビンディング

準備を済ませ7時30分入山。気温が高いのかけっこう汗ダクになります。昨日スノーシューを眺めていてこれのビンディングとクランポンを
外したら簡易アイゼンにならないかな?と思い持ってきてみました。春のザラメの斜面だしツメはアルミで充分。しかもステップインです。
登り初めて1000m付近で雲の上に出ました。久しぶりに見る雲海で雲の上は快晴です。 あ〜暑い!

この羊蹄山地形図とログはガーミンGPS e-trexとカシミールを使用して製作しています。
羊蹄山 真狩コース GPSログ 羊蹄山 真狩コース
羊蹄山GPSログ クリックで拡大 写真に落とすとこんな感じ

羊蹄山標高1700m付近 羊蹄山から見るアンヌプリ
羊蹄山 標高1700mあたりの苦しい登り 羊蹄山 9.5合目から見るアンヌプリ

毎回のことですが標高1500mあたりから9.5合目テラスまでが苦しい・・しかも今日は暑さにヤラレ汗が目に入り痛い!珍しいことに山頂は
微風でした。今日は山頂で大休止&いつものカップ麺&食後のココアにします。暖かで昼寝してしまいそうな日差しの中ボウルや
下界を見ながらのんびりしました。

羊蹄山 山頂
暖かな日差しの羊蹄山頂で昼食の準備。山頂で食事出来るのは初めて。後ろはアンヌプリ。

疲労も多少回復して下山の時間。でも動きたくない・・

羊蹄山 大斜面
高度感のある羊蹄山の急斜面を下りるドラミ。この直後ハイスピードで縦にトリプルルッツを決める。だ・・大丈夫か?

羊蹄山の急斜面を滑る
羊蹄山の急斜面を下りるドイちゃん。

1000mから上の雪は良く滑るザラメですが、下はやはり水分が多く所々でブレーキがかかり足に辛い・・休憩を挟みながら麓を目指します。
この高度感と斜度はやはり羊蹄独特のものです。もう滑りたくないという位の長大な斜面が続きます。

下山後は温泉の後に前から楽しみにしていた「ふくろう」というお店にご飯を食べに行きました。ここはちょっと分かり辛い場所にあります。
店内のオブジェはニセコ在住のデザイナーが手がけたとか。独特の雰囲気で隠れ家的、あまり混み合って欲しくない所のひとつです。
お勧めはデミグラスソースのハンバーグステーキとオーガニックコーヒー。
羊蹄やニセコ方面に行ったときには寄ってみてください。何ともいえない良い時間が流れています。

ハンバーグ小屋ふくろう  ふくろう 店内
ハンバーグ小屋ふくろう外観 天井の照明が印象的な店内


ハンバーグ小屋ふくろう
北海道虻田郡ニセコ町字宮田137
0136−44−2965
月曜定休

注 現在は閉店しています。

羊蹄山ワンポイントアドバイス

羊蹄山をやったあとは真狩温泉がお勧めです。露天風呂に入りながら今滑ってきたばかりの羊蹄の斜面を見るのはまた格別です。
天気が良いと自分のラインが見えることもあります。
登山口〜山頂5h 山頂〜登山口2,5h

お風呂の後は今回紹介した「ふくろう」がおすすめ。車で15分位の距離です。ここの窓からも羊蹄山が良く見え、なんとも贅沢な気分の
食事ができます。
心地良い店内の音楽と食後に飲むオーがニックコーヒー窓いっぱいに広がる羊蹄山。なんとも贅沢な時間を過ごせます。








Top Hokkaido Surfin Backcountry Link パタゴニア
ハンディーGPS性能比較 冬山 バックカントリーの 装備 Tボード 山岳関連の本 
車の維持費をタダで抑える!  山行日記
サーフミュージック サーフィン入門講座
パタゴニア

戻る