ニセコ イワオヌプリ 山行日記                                     ●ホワイトアウトで頼りになる GPS性能比較
ニセコ イワオヌプリ バックカントリースノーボード
パタゴニア


ニセコ イワオヌプリ 稜線 ニセコイワオヌプリ 12月13日
この時期になると連絡が頻繁にくるドラミより
ここ数日「いつ山に行くのか?」と矢の催促。
近郊で出来るのはここくらいかな〜


今年はブーツとビンディングを交換したので
山に入るまえにゲレンデで感覚を確かめたいけど。
そんな暇は無さそうです。


しかもスノーシューも今年からMSRにしました。
昨年まではシューもクリッカーのステップインでしたが
今年からはベルト式。


装着に手間取っていると一言入ってしまった。
「ナリタさん。返事とメシと用意が遅いやつは出世しませんよ!」
げっ!おまえにだけは言われたくないわい!

ニセコ イワオヌプリ ルート図 先週に一度降ってからここしばらくは降雪が無いのでちょっと心配でしたが
滑るぶんには何とかなりそうです。
それにスノーシューがいらないくらいの立派なトレースがついていました。


札幌を6時に出発で9時入山。先行パーティーはいないようです。
台地に上がったところでボール内部が見渡せる場所を選んで休憩。
まだまだ積雪は足りないですが充分に楽しめそうです。


ここで確認。
「今日は上り返して2本やる?」返事が無いのでやりたくないということか?
シーズン最初なので1本滑走して温泉に決定。
温泉は雪秩父がいいらしい。


それにしてもMSRのクライミングサポートはかなり楽!
こんなことならもっと早く買い替えていればよかった。
以前使っていたタブスがスリップするところでもなんの問題もなくグリップしてくれる。


稜線を上がりきったところで下界を見ると駐車場に車が3台増えているのを
遠目で確認。どうやら後続のパーティーらしい。


稜線上はまともに目を開けられないほど強い風が吹いていました。
寒いので長居は無用。
今日のルート

ニセコ イワオヌプリ ボウル ニセコ イワオヌプリ ゲート
休憩地点からボウルを望む ゲート下はまだ雪着きが不足

ニセコ イワオヌプリ 稜線
稜線上で強風に叩かれ固まる   ドラミ撮影

ニセコ イワオヌプリ ボウル エントリー部分
ラインを確認するナリタ  ドラミ撮影

ニセコ イワオヌプリ
おおまくり2秒前   ドラミ撮影

ニセコ イワオヌプリ ボウル内部
ドラミ

ニセコ イワオヌプリ ボウルボトム
ドラミ

なるべく地雷を踏まないようラインを確認。 雪質をチェックしドラミに先に行けとうながすも返事がない・・行きたくないということか?
先に行かせて隠れリーフを確認しようと思ったけど失敗。 仕方がないので先にドロップ!ありえないことに一発目のターンでおおまくり。 
一番見られたくないやつの前でやってしまった。  ドラミ「ナリタさん。少しゲレンデで練習したほうがいいですよ。」
だ か ら おまえにだけは言われたくないわい!

ニセコ イワオヌプリ 昼食&ティータイム カートリッジソックス
昼食&ティータイム カートリッジソックス

適当な場所で昼食&ティータイム。 ここで以前買っておいた「カートリッジソックス」を使ってみました。 ネオプレーン製の
カートリッジのカバーで、これでカートリッジの温度が雪面や外気で下がるのを防ぎ、火力の低下を防ぐというもの。
このジェットボイルはただでさえ沸騰するのが早いのですが、さらに早くなったような・・正確なデータは取っていませんが\900ですから
買いかも。 食後にはドラミからシナモンチャイが出ました。 ティータイムが終わったところで後続のパーティーが上がってきました。
ガイドツアーのみなさんでした。 まだ雪が少ないこの時期にこれだけ楽しめれば今日はOKということで雪秩父へ







Top Hokkaido Surfin Backcountry Link パタゴニア
ハンディーGPS性能比較 冬山 バックカントリーの 装備 Tボード 山岳関連の本 
車の維持費をタダで抑える!  山行日記
サーフミュージック サーフィン入門講座
パタゴニア

戻る