余市岳 山行日記                                     ●ホワイトアウトで頼りになる GPS性能比較
余市岳
パタゴニア


余市岳 余市岳(北斜面) 2月11日
今日は天候次第では余市岳、南斜面と北斜面をやるつもりでした
が予報が変わり朝から高曇りの天候。
しかも思ったより強い南風が山の上では吹いています。
下界は3月並みの気温とのことですが、通称飛行場で吹かれる
風に春の優しさはなく、ほほが痛い!

この風では南は中止して北のみを2本やった方が良いような気が
します。さらに遠方からは低めの雲も近づいてきます。
せっかくの斜面を滑るときはクリアな視界で滑りたいもの。
南をやっていてはあの雲につかまりそうです。

先行パーティーのおかげでラッセルは無。
快調に飛行場の雪原を進み、余市岳取りつきの尾根のコルに
到着。若干風をかわす場所で休憩。
この尾根・・こんなに細かったっけ?例年とは風の吹き方が
変わったのか雪の付き方がいつもとは違うようです。

このコルの南側に雪洞泊しているパーティーがいました。
すごーい!
余市岳 北斜面ルート図
左は今回のルートですがちょうど
上の写真の斜面を滑りました。

上部のノール部分は風に叩かれて
雪付きも悪くカリカリでしたが
高度を落とすと良い雪に変化
します。

雪の深さ、斜度もありかなりいい
斜面です。
この斜面を登り返してもう1本。

しかし・・雪が深く斜度のある斜面
の登りはかなりキツイです。

登り返していると山頂の方から
ガスが下りてきて雪も若干降って
きました。
やはり南はやらなくて良かった。

2本目を滑り、風裏を選んで昼食。
なんとこの場所でも標高が1100m。
そりゃ寒いわけだ。

あとはゲレンデまで出て麓まで
下りて今日の山行は終了です。
今日もなかなか楽しい余市岳でし
た。

なお今回はZumさんが一眼を
持ち込み皆の滑りを100枚近く
写してくれました。







赤が登り青が降り

入山準備 余市岳
キロロゴンドラ山頂駅 にて入山準備

余市岳 北斜面
今回滑った斜面

余市岳
余市岳を見ながら飛行場を行く

余市岳
1200のコルにて 寒い〜

余市岳
滑走準備 さらに寒い〜!

余市岳 ナリタ
ナリタ 余市岳 撮影Zumy

余市岳 ナリタ
ナリタ 余市岳 撮影Zumy

余市岳 ドイチャン
ドイちゃん 余市岳 撮影Zumy

余市岳 ドイチャン
ドイちゃん 余市岳 撮影Zumy

余市岳 ドラミ
ドラミ@某大手家電メーカー社員 余市岳 撮影Zumy

ドラミ@某大手家電メーカー社員 余市岳 撮影Zumy

余市岳
今回撮影してくれたZumyさん

余市岳
ティータイム 余市岳 北斜面ボトムにて



この斜面は写真でもおわかりのように斜度があり、開けた斜面ということでその日のコンディションにより雪崩リスクの非常に高い場所です。
滑走にあたっては充分に注意をして下さい。




Top Hokkaido Surfin Backcountry Link パタゴニア
ハンディーGPS性能比較 冬山 バックカントリーの 装備 Tボード 山岳関連の本 
車の維持費をタダで抑える!  山行日記
サーフミュージック サーフィン入門講座
パタゴニア

戻る

雪山で頼りになるGPS、ガーミン、エンペックス性能比較