ワイスホルン 滑走日記                                   ●ホワイトアウトで頼りになる GPS性能比較
ニセコ ワイスホルン
パタゴニア


ワイスホルン キャット上で記念撮影 ワイスホルン 2月17日
今日は東京からニセコしているN=A.T.A=Sさん夫妻と合流予定ですが
ここ数日は新たな降雪は無。しかも気温も高いということで
当初の予定のアンヌプリ北斜面からここワイスに変更しました。

狙うのは北向きの沢の斜面です。
ワイス自体数年ぶりですが、きっと良い雪が溜まっているはずです。
札幌からはvintageさん、kittyさん、そうしてドラミです。

久しぶりのワイスはオージー率100%で、日本人の客は僕たちだけ
でした。かなりビックリ! 名物犬のデニーも居ましたが、ストーブの
前で寝ていました。もうけっこうな歳のはず。

キャット上ではオージーのお客さんと盛り上がりました。以前は3台の
キャットが稼働していたと思いましたが今日は1台だけ。
もう1台は山頂付近に埋まっているとか。


山頂付近のキャット終点で陽気なオージー達と別れ入山準備。今回の滑走ポイントは北東斜面のため冬に吹く北〜北西風の影響を
まともに受けます。強い風を伴った降雪時には多量の風成雪が溜まり雪崩リスクの非常に高い斜面となりますので、正確な危険度の
判断が必要となります。よって今回のルート図はネットでの公開は控えさせていただきます。

山頂付近ではかなり風が強かったですが、目的の斜面上は風を避け無風でした。今回はこの斜面を登り返して2本。 帰りは東斜面を
下りて途中よりゲレンデに戻り下山という計画です。

ワイスホルン ロッジ無いでN=A.T.A=Sさん夫妻

N=A.T.A=Sさん夫妻とワイスで待ち合わせ


ワイスホルン キャット終点で入山準備

キャット終点で入山準備


ワイスホルン山頂付近

ドロップポイントに向けハイク開始


ワイスホルン 北東斜面上部

ドロップポイントより斜面をチェック


ワイス 北東斜面を滑る

N=A.T.A=Sさん


 ワイス 北東斜面を滑る

奥さん


ワイス 北東斜面を滑る

vintageさん


ワイス 北東斜面を滑る

kittyさん


ワイス 北東斜面を滑る

ドラミ


ワイス 北東斜面を滑る

2本目に向け登り返し



斜面の雪は今日の気温を考えるとミラクルな雪質でした。計画どうり登り返して2本。 さらに東斜面上に上がるとかなり濃いガスの中
完全なホワイトアウト状態でした。5m先が霞んで見えます。 慎重に高度を落としガスの下に出たところでもう1本。視界が利けばこちらも
良い斜面ですが残念でした。下山するとロッジにはさらにオージーの団体が・・まるで日本じゃないみたいでした。 




Top Hokkaido Surfing Backcountry Link パタゴニア
ハンディーGPS性能比較 冬山 バックカントリーの 装備 Tボード 山岳関連の本 
車の維持費をタダで抑える! 雪崩 山行日記
サーフミュージック サーフィン入門講座
パタゴニア

戻る

雪山で頼りになるGPS、ガーミン、エンペックス