羊蹄山 滑走日記                                       ●ホワイトアウトで頼りになる GPS性能比較
余市岳
パタゴニア Photo: Barbara Rowell


4月12日 羊蹄山 真狩コース
天気図 雪雲の動き 上空1000m風向・風速

今日は1日中高気圧の圏内で天候は晴れ。 最高気温は10度の予報ですが上空1500m以上では西の風が6m〜8m とちょっと強め。
行ってみてコンディションが許せばピークまで上がりボウルを下りてくるつもりです。  3時半起床で4時出発で6時過ぎから登り始めました。
行ってみると標高1700から上は予報どうり西からの風が強く、雪質もウインドクラスト状態。 とても滑れる状態ではなかったのでピークは諦め
1700mからの滑走になりました。 1500mから下は雪も緩み快適な粗目を楽しめました。 春山とはいえ標高のある山はまだまだ日によっては
こんなコンディションもあり気が抜けないですね。

今回のルート図です。赤は歩き又は登り。青は滑走になります。地図上のウエイポイントはボクのGPSに入っているものです。
地図を印刷するときもウエイポイントを入れGPSと連動して使っています。地図はフリーソフトカシミールにて国土地理院電子版の
地図を使用してそのつど製作して使っています。
GARMIN(ガーミン) ハンディ GPS eTrex10J 【日本正規品】 97006
今シーズンから使用しているガーミンのe trex 10j です。シリーズ中一番安価で地図表示もありませんが
日本語版は日本の上空にほぼ静止している衛星「みちびき」にも対応しているので深い谷も中でも正確な
ナビゲーションが可能になりました。
加えてバッテリーのもちが25時間と旧製品の約3倍で、今回のような1泊の山行でも予備が必要ありません。
使用時にはカシミールでウエイポイントをGPSと地図に同様のものを入れプリントして使っていますので
地図表示がなくても特に不便は感じません。 また磁北線を入れておけばコンパスでも使用できるので
GPSが故障、バッテリー切れを起こしても安心です。ウエイポイントの名前は標高にしてあります。

詳細  GARMIN(ガーミン) ハンディ GPS eTrex10J 【日本正規品】 97006


朝6時前の羊蹄山です。
朝6時前の羊蹄山

登山口付近から見る1000mテラスとテラスの沢
登山口付近から見る1000mテラスとテラスの沢


眼下に洞爺湖

ルスツ方面

遠方に昆布岳

1300m付近


アイゼンはモンベルの12ポイント、ワイドタイプです。

1700m地点。風も強く雪面も硬いためここから下ります。


良い斜度です。

標高差1300mを一揆滑りしてパーキング到着。

けっこう黄砂も凄い
モンベル(mont-bell) カジタックスLXT-C10アイゼンワイド L 1141127 1141127
昨年より使用しているモンベルのアイゼンです。 この製品にはワイドタイプがあり
スノーボードブーツのように爪先がワイドな靴にフィットします。
また雪がソールに付着しないようにプレートが最初から付いているのも嬉しい仕様です。
今回のような春の雪でも急斜面にはアイゼンが必要となります。 
急斜面でのスリップ防止、体力の消耗をおさえてくれます。


詳細  モンベル(mont-bell) カジタックスLXT-C10アイゼンワイド L 1141127 1141127




Top Hokkaido Surfing Backcountry Link
パタゴニア Photo: Barbara Rowell

戻る

雪山で頼りになるGPS、ガーミン、エンペックス