奇蹟のサーファーBethany Hamilton(べサニー ハミルトン)
べサニー・ハミルトン 

2003年10月31日の朝7時30分、当時13歳のハワイ、リップカールメンバーのべサニー・
ハミルトンがカウアイ北部のトンネルポイントで友人と友人の父と3人でサーフィン中にシャーク
アタックに遭いました。


噛まれた傷から推定すると彼女を襲ったサメはタイガーシャークで3、5m〜4、5mの大きさ。
サメは彼女の後ろから襲いかかり彼女の肩から下の左腕を噛み切っていきました。
すぐレスキューに向かった友人の父は、彼女の切断部分をリーシュコードで縛り止血。 その後
彼の板に乗せ換え浜まで戻り救急車が来るまで彼女が出血からくる眠気で眠らないように
話かけていたそうです。



また、ライフガードは彼女のしんじられないくらい強靭な精神力が彼女の生存できた唯一の理由
であると語っています。彼女はNSSNハワイ・ガールズ・ジュニアのリーダーであり、NSSA・US
オープンガールズチャンピオンシップでは2位になったこともあります。
彼女のコンペテイターターとしてのライフスタイルで築き上げられた精神力は、サメに襲われた後も涙を
流すことなく、他のサーファーにサメがいる為海から上がるように伝え、片手でパドルしてビーチに
戻ろうとしていたことからも感じとれます。



04年は心身共に傷も癒え、事故以来10週間ぶりに”ビッグ・アイランド”のカイルアで行われた
サーフィンのコンテストに出場している彼女の姿を見ることができました。
 
その大会というのは「ザ・オープン・ウィメン・デビジョン・オブ・ア・ナショナル・スカラスティッ
ク・サーフィン・アソシエーション・ミート・アット・バニアンズ」という長い名前の大会です。


その結果は彼女の年齢グループでの5位に終わりましたが、彼女は「最初の大会として
は明確にグッド・スタートを切れたと思う」と笑顔だったといいます。
この大会は、10月31日の事故から入院や手術があり、11月末の感謝祭の日には海に戻っ
て来た彼女の最初の競技会となりました。



最初のヒートでは、彼女は緩やかな2フィートくらいの波に乗っていましたが、準々決勝のヒートでは
6フィートを越す波をつかまえて果敢に挑戦していました。
彼女は6フィート2インチの彼女のサーフ・ボードを左足でキックして波の中を進めますが、時折
その前の左手ひとつでボードを押して立ち上がるのに苦闘していたようです。



しかし彼女は「立ち上がれさえすれば私は大丈夫です、でもそれをするのが時々難しいこ
とがありますが・・・」と言っています。
13歳にして片腕を失くしてしまった少女が、また大好きなサーフィンを始めて競技会にも参加する
ようになり、不幸な事故にくじけることなく頑張っている彼女の姿は、多くの人達にも勇気を与えて
います。



そして彼女はこう言います。
「誰かが希望を見出す手助けが出来るなら、私が腕を失った価値はあったと思う。」
はたして自分ならどうだろう?と考えさせられてしまいます。
あなたならどうですか?



そんな彼女の感動と勇気のノンフィクションに、是非あなたも触れてみましょう。



■ Amazonでのレビュー

 いつまでも夢に向かって…,     東京都 K
彼女の存在は、去年TV番組で取り上げられていたのをきっかけに知りました。
そして先日偶然本屋さんに並んでいた表紙を見て、この本を手に取りました。

彼女がこの大惨事に巻き込まれたのはわずか1年半ほど前の話。まだ13歳のとき。
大の大人であっても、片腕を失うという悲劇が自分の身に降りかかれば
1年半という短い時間では傷は癒えてはいないのではないか?と想像します。
しかも彼女はサーフィンを何よりも優先するために普通の学校へは行かず、
ホームスクリーングで勉強をしながらプロサーファーになるために
日々海に向かっていたのです。それだけサーフィンに懸ける情熱は相当のもの。
だからこそ余計に片腕を失った現実を受け入れるのはどれだけ酷なものか…
そう思っていました。でも彼女は事故からわずか1ヵ月後にサーフィンを再開するのです。

どうやってその現実を乗り越え、また夢に向かうことができたのか…。
その答えは彼女の場合、とってもシンプルでした。
サーフィンと信仰、そして家族や友人、仲間を基盤としたライフスタイルの中で
彼女はまた海に向かうことができるようになり、今でもサーフィンを続けています。
今でも恐怖が残っていると彼女は素直に語っています。
それでも神様のプランの一部であることを誇りに思っているとも。

訳者さんもあとがきで書いていますが、13歳にして自分のやりたいこと、守るべきものが
はっきりとしているべサニーに勇気付けられる人は少なくないはず。
私もその1人になりました。これからも彼女の活躍を祈っています。


ソウル サーファー  ソウル・サーファー Bethany Hamilton  詳細を見る
片腕をサメに奪われながらも、生きることをあきらめなかった
13歳の奇跡のサーファー、真実の告白。


ベサニー・ハミルトン (著), 鹿田 昌美

戻る