ガーミン ハンディーGPS e−trex 山での使い方

私の場合、ガーミンのe−trexを使っていますが、ウエイポイントを設定してルートを製作するのは
パソコンで行っています。地図ソフトの入れれるハンディーGPSでは本体でも可能ですが、出来るだけ
大きな画面でルート全体を把握しておくためにもパソコンでの製作がおすすめです。

ハンディーGPSをより有効に使うためにPCにはカシミール(無料ソフト)のインストールをお勧めいたします。
また地図データは国土地理院の無料閲覧システムを使用していますが
これには標高データが無いので山旅倶楽部の地図も使用しています。(年間2900円)

まずカシミールの画面上数箇所のウエイポイントを設定。ポイント名は標高などにしておくと
実際の登山中に分かりやすいです。


白井岳ウエイポイント 左は北海道の白井岳という山の地図に
ウエイポイントを落としこんだものです。
標高をウエイポイント名にしていますが。
カシミールの画面上ではマウスをポイント
した場所の標高が出るため便利です。


このポイントを繋げたものがルートです。
私のGPSでは地図ソフトをインストール
出来ない機種のためGPSの画面には
このポイントのみの表示となりこの地図
を印刷したものも携行しています。


地図をインストール出来る機種はこれに近い
画面表示となります。
地図を印刷する場合は実際の1/25000図の
縮尺サイズとは若干のずれがあり私は
1/2サイズでの印刷をしています。


次にこのPCで指定したポイントをGPSに
送ります。やり方はカシミールの画面上に
表示されますので簡単です。


実際の山ではこのポイント間をたどる
ルートどりをしています。


このときのGPSのナビゲーション方法は色々
ありますが私はマップ表示にしています。
これは自分が今までたどってきた軌跡と
各ポイントが表示されるため全体を把握する
のに見やすいためです。


ポイン名を標高にしているため通過したときには
自分の今の標高も測位せずに把握できます。


さらにバックアップ用としてアナログの高度計とコンパスは常に携行するようにしています。
ホワイトアウトした冬山でGPSが故障して進退窮まるなんてことはゴメンですし。
地図をプリントアウトして持ち歩くのもこの辺の理由からです。


以下は実際にハンディーGPSでのログ(軌跡)を帰ってきてからパソコンの地図に落とし込んだものです。

白井岳ウエイポイント&GPSログ 左の尾根上のログは登りの軌跡です。
山頂から沢状の部分のログは下りで
滑走した軌跡です。


登りでは比較的ラッセルの楽な尾根上に
ルートをとり下りではよりディープなパウダーを
楽しめる沢の中を選びました。


これをプリントアウトすればそのままルート図
としても使えます。
また画面上で登りと下りのログの色を変えで
見やすくすることも可能です。


登りと下りで同じルートを通る場合は登りの
ログをトラックバックするというGPSの機能を
使うと便利です。


私はこの程度の機能しか使っていませんが
まだまだ便利な機能がいっぱいあります。
なにぶんアナログ人間で機械にはウトイ方
ですが今のところはこんな使い方で満足して
います。


またカシミールではこのポイント間の斜度、
距離、それに季節を指定した3D画像も見る
ことができます。


これは積雪状況も指定できますし画像もけっこう
リアルなので出かける前に色々なシュミレーション
が出来て楽しいものです。


また私のe−trexは単三電池2本使用のため充電池と充電器を別に購入して使っています。
ちなみに電池は4本買って2本を予備として持ち歩いています。
収納ケースは近所の登山用品店のオリジナルですが、ケース内に雪が入り込み
画面が見えなくなるためディスプレーのサイズに合わせ透明のビニール部分を切りました。

ガーミン e−trex 充電器とバッテリー
ガーミンe−trexと収納ケース 私が使用している充電器とバッテリーです。



最後にGPSのナビゲーションには方向などあまり神経質にならず大体の目安程度に考えるのが良いと
思います。冬山ではその時の積雪などにより進みたい方向に進めない場合も多々あり現場の状況に
合わせたルートどりを優先してください。あくまでも計画(設定したルート)を登るのではなく
実際に自然の変化に富んだ冬山を登っているという事を忘れないで下さい。




AmazonでさらにGPSを探す





カシミールダウンロードサイト
無料でダウンロード出来ます。


山旅倶楽部

地図提供サイト


AmazonでGPSを探す
本体からアクセサリーまで


























































































































戻る