サーフィン初心者講座 ドルフィンスルー嫌いじゃないですか? パタゴニア



ドルフィン・・僕も嫌いです。出来ることなら3回以上はしたくない。あなたはどうですか?
大丈夫!このコーナーを読めば
何とかなります。今回はゲッティングの技術 「ドルフィンスルー編」です。




ゲッティング編  ドルフィンスルー嫌いじゃないですか?

サーフィンをする上で絶対にマスターしなければいけない事の1つにドルフィンスルーがあります。


これが出来ないと沖に出ることが出来ず波に乗ることも出来ません。
基本は出来るだけ体力を消耗せずに沖に出ること。


通常はカレントを見つけ、そこから効率良く沖に出ますが、波が大きい時などそれでも
セットに捕まりドルフィン道場となります。

 
沖に出るタイミングとしてビギナーの方が犯し易い間違いとしてセットの波が収まってから
パドルアウトを始めるというのがあります。
 

アウトのブレイクが近い場合はこれでもゲッティングが出来ますまが波が大きくアウトが遠い場合は、
あともう少しというところで次のセットに捕まり一番ヘビーな場所でのドルフィンを行うことになります。


頭オーバーの波のリップが自分の頭上に落ちてくるなんてぞっとしますよね。


そのようなコンディションの場合はセットが入っている時にパドルアウトを始めます。
海に入った早々ドルフィンの連続となりますが、すでにスープとなった波ですので
アウトのファーストブレイクほどのパワーは無く楽にアウトに出れるはずです。

 
ウネリのドルフィンスルーは楽だけどスープのドルフィンスルーは苦手という方に。
スープ波でのドルフィンのコツは板を沈めた瞬間に頭上を通過するスープがお尻に当たるように
するということです。これによって板と体はより深く水中に入りスムーズなドルフィンが出来ます。


また、ドルフィンに入る前に出来るだけスピードを付けてから行うというのも重要です。
これによって波と接触する時間も短縮され不必要に戻されることもなくなります。


是非、意識して練習してみて下さい。


それと、ここでもイメージトレーニングが役立ちます。
海に着いたらはやる気持ちを抑え今ゲッティングしているサーファーに注目しましょう。


セットの間隔は? 波の大きさは? カレントの場所は?
アウトに出るまでにそのサーファーは何回ドルフィンしている?
今、まさにゲッティングしているそのサーファーの体験を自分に置き換え注目しましょう。


この時に明らかに自分のレベルを超えたコンディションならポイントを移動するという決断も
必要です。セットが入っていない状況ではどうってこない状態でも、ひとたびセットの波が
入ると、とんでもないコンディションということはよくあることです。
その日の最大セットが入るまで観察をするのがポイントです。


サーフィンに限らず、何かの事をあるレベルまで達成しようとした時に3っの壁が存在します。


1つ目は気力で突破できます。2つ目は根気が必要です。
最後の3つ目が一番の難関でこれにはネバリが必要です。
これはある意味恋愛に似ています。好きな子をおとす時もこんな感じでしょ。



小手先のテクニックやノウハウではなく一番必要なことは、この3つだけなのです。
あとは反復練習です。
そうしている間にあなたはいつの間にかベテランサーファーの仲間入りをしているはずです。











Top Hokkaido Surfin Backcountry Link
パタゴニア
サーフィン入門講座 サーフィン日記 サーフミュージック  Tボード
車の維持費をタダで抑える! サーフィン、BB関係の本 レスポートサック
サーファーの仕事を考える サーフィン映画DVD、ビデオ ハンディーGPS
パタゴニア





サーフィン初心者講座

風と波の関係

テイクオフ基本編1

テイクオフ基本編2

ドルフィン嫌いですか

クローズ寸前での教訓

失敗しないボード選び

ナナメテイクオフを覚える

パドリングを極める

気象サイトで波予想

バックサイドから覚えよう

女性のあなたにアドバイス

テイクオフに失敗する理由1

テイクオフに失敗する理由2

視線は大事です

ウエット最初の1着

波乗りがうまくなる唯一の原則

サーフボード リペアの小技

スタンス決まりますか?

なじみのショップを持とう

サーファーは遊び人
























































前< 戻る >次