┏★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━ISLAND cafe━━━┓

  北海道のバックカントリー・スノーボードとサーフィン のサイト
  THE NORTH ISLAND が送るメールマガジン 
  http://freeride.7days.tv/

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆★┛


◆━━お勧めの山道具━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 実際に、どこのブランドのどのような道具が使いやすいのか?
 また、他ブランドにはどのような物があるのか?

 近所に山道具を扱っているお店が無いのでオンラインショップの
 紹介をしてほしい。

 などのメールを多数頂きました。

 そのような方にお答えすべく
 「お勧めの山道具」のコーナーを作りました。

 当初はオンラインショップのリンク集を作ろうとおもいましたが
 どこのオンラインショップも扱っている商品は膨大です。

 釣り用品〜ファミリーキャンプ用品〜トレッキング用品などなど・・

 その中から冬山に使えるものをピックアップ、さらに検討する作業は
 慣れている方には楽しい作業ですが
 初めての方には気の遠くなる作業です。

 アイテム別に、なるべく複数のブランドの物を比較対照できるように
 しました。(多少自分の好みも入ってしまいましたが・・)

 しかも60%オフなどの驚くようなセール品もあります。
 近所に登山用品店がある方は価格などを比較検討すると
 かなりお得な買い物が出来るかもしれません。

 全部で70ページ位の作業になりましたが
 道具を揃える何かの参考にして頂ければば幸いです。

☆ お勧めの山道具 ☆
http://freeride.7days.tv/bcequipmentindex.htm

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


  
 「バックカントリーのすすめ道具編」 Vol. 4
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  発行 THE NORTH ISLAND   http://freeride.7days.tv/


 またまた前回から間が開いてしまいました (^_^;)

 この時期、北海道はたびたびの降雪はあったものの
 一部のゲレンデがオープンしただけにとどまり

 BCに入れるのはもう少し後になりそうです。

 前回はバックカントリー・スノーボードの魅力について
 お話させていただきましたが、やってみる気になりましたか?

 さて今回からは段階を追って実際に雪山に入る方法を
 お話してゆきます。

 まずは「道具編」です。



INDEX------------------------------------------------------------◆

 □ 最低限の道具をそろえよう。

 □ 編集後記

◆----------------------------------------------------------------◆


 □ 最低限の道具をそろえよう。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 また苦手な道具の話からはじまりますが
 あなたが一般的なスノーボーダーということを前提として
 話をすすめさせていただきます。

 普段使用している板、ブーツ、ウェア、は全て使いましょう。
 ただアンダーだけは綿の物はNGです。

 登りでは多量の汗をかき、休憩するとその汗が冷えます。
 綿は保水性が高いので、とても寒い思いをしてしまいます。

 肌に直接触れるアンダーは全て登山用の速乾性と保温力の優れたのもを
 購入してください。  

 パンツもですよー!

 雪山では、このアンダーがもっとも重要で、時には生死に関わります。

 中間着も綿はNGですフリース素材のものは
 あなたも何枚かは持っていますよね?
 それを流用しましょう!

 ちなみに私の普段は以下のようなレイヤーです。

 ・上 長袖アンダー+フリース+シェルジャケット
 ・下 アンダー+オーバーパンツ

 マイナス20度位まではこのレイヤーでいきます。

 寒いのでは?

 そんな事はありません。

 登りではジャケットを脱ぎ、フリースになっても汗をかきます。
 真冬は休憩すると汗をかき濡れた髪が凍りだします。

 暑ければ脱いで、寒ければ着る。
 雪山の登りでは、これの繰り返しです。

 私の場合出来るだけ汗をかかない、多少軽めのレイヤーを
 心がけています。

 個人的な体感温度により感じ方には個人差がありますので
 自分なりのレイヤーは研究してみて下さいね。

 次に雪上歩行道具の「スノーシューとポールです。」
 スノーシューにはトレッキング用と本格的な登山用があります。

 何が違うかというと、全体的な強度、クランポン(裏の金属の爪)
 などでしょうか。

 山は下から上までいつもフカフカとは限りません。

 風にさらされる尾根筋は固い雪質のことが多く
 この時にスノーシューのクランポンの出来、不出来は
 疲労度、緊張感に大きくかかわります。

 登山用のしっかりした物を選びましょう。
 MSR、タブス、アトラス、などのブランドから
 かなり良い物がリリースされています。



 次にポールですが、
 これは3段式の伸縮機能をもっていて軽いもの
 この軽いというのが長時間の登りでは重要です。

 たとえば、あなたは私とくらべ
 ポール一本につき500g重たいものを選んだとします。

 山頂まで1万回腕を上下したとすると
 0,5kg×10、000=5ton

 片腕だけで、私より5tonの仕事量をあなたの腕は
 こなさなければいけません。
 両腕だと10ton!

 恐ろしい事に足下のブーツの重さはこれの5倍もの
 影響が出るそうです。

 足下の1kgは背中の5kgに匹敵すると言われています。

 スノーシュー、ブーツも出来るだけ軽いものを神経質に
 なって探しましょう!


 山道具の殆どに、その重量が記載されているのは
 このためなのです。

 あくまでもメインは下りです。
 登りでいかに体力を温存して滑りを楽しむかです。

◆---------------------------------------------------------------------◆
  スノーシュー、ポールなどを、いろいろピックアップしていますので
  参考にしてみて下さいね。↓
  http://freeride.7days.tv/bcequipment.htm
◆---------------------------------------------------------------------◆



 次にナビゲーションツール
 ようは地図、コンパス(磁石)、高度計、GPSなどです。

 たしかにGPSは私も使用していますし、視界が利かないときなど
 本当に便利なものです。


 しかし、最初は国土地理院発行の1/25000図とコンパスに慣れて下さい。


 初めて山に入るときに最も不安なこと、これがルートファインディングです。
 正しいコースを見つけるのは山の地形をよく観察し
 地形図と照らし合わせ、自分の判断力を磨く努力をして
 初めて身につきます。


 それに便利なGPSもあくまで機械です。
 低温下でのバッテリーのもちもありますし
 壊れることもあります。

 しかもそういう事はえてして一番肝心な時に起こりがちです。


 視界がきかず目標物の無い吹雪の稜線上でGPSが壊れ、進退窮まる
 なんてことにならないように、このアナログ的な道具を使いこなすのが
 重要です。

 ひょっとしたらこんな事は一生起きないのかもしれません。
 でも絶対に起きないとは誰にも言い切れないのも事実です。


 ちなみに私はいつも地形図、コンパス、高度計、GPS、この全てで
 ナビゲーションするように心がけています。

◆---------------------------------------------------------------------◆
  でもナビゲーションに積極的にGPSも使いたいという方のために
  紹介ページを用意しています。
  http://freeride.7days.tv/cashimiiru3d.htm
◆---------------------------------------------------------------------◆

 ちょっと以前のことですが、単独で冬山に入っている時のこと
 コンパスの針が帯磁してしまったのか正しい方位を示さない
 ことがありました。

 吹雪で視界もきかず、自分のトレースもほんの10分位でかき消されて
 しまうコンディションでしたが、普段から行きなれていた山なので、事なき
 をえました。 

 以来コンパスは毎年、使える使えないに関わらず買い換えていました。


 一人で山に入っていた私は、ナビゲーションや雪山のその他のことに
 対しても臆病なくらい慎重になります。


 


 そしてザックのお話ですが
 最近はザックメーカーもスノーボード用に色々な製品を発表しています。

 以前は普通の登山用ザックにバンドでスノーボードをくくりつけて登っていました。
 バンドをきつく絞めないと背中のボードが動き、歩きにくい。

 ですが、きつく絞めると、ザックの中にも圧力がかかり物を出すときなど
 いちいちバンドを緩めなくてはいけません。


 これがめんどくさい!!


 おすすめするザックは、ずばり背面開きの物を選んでください。
 中身にコンプレッションがかからず、荷物の出し入れが楽です。
 容量は30〜40?もあれば充分でしょう。
 オスプレーなどから発売されているものがお勧めです。


 とにかく1日中背中に張りついているザックは慎重に選ぶべきです。
 お店では実際に重量物を入れて背負ってみるのが理想です。
 良心的なお店ではそのような時のためにシュミレーション用の
 ウエイトを用意しています。


 背負ったときに肩と腰に平均的に重量が分散されていれば
 実際の重量より軽く感じるはずです。
 背中からはがれるような感覚のザックはNG。

 いろいろ試してみるとその違いがわかるはずです。


 
 最後に非常用の道具、ビーコン、ゾンデ、シャベル、ツエルトなどです。

 単独でもビーコンは必要?
 
 もっともな疑問です。

 単独で雪崩事故に遭い埋没・・
 こんな時にビーコンは何の役にもたたないような気がしますが
 多くの雪山のルートには他の登山者もいる事が多く
 あなたの事を目撃、救助ということが起こりえる可能性も高いのです。


 この時にビーコンを着けていれば、単独と言えども助かる可能性は
 ぐっと高くなります。


 さらに、あなたが救助者となる可能性もあります。


 また、昔と違い現在はそんなあなたと一緒に山に入り自然の雪
 地形を滑りたい。という友人が現れないとも限りません。


 こんな時のためにビーコン、ゾンデ、ショベルは必ず必要です。
 

 ショベルは出来るだけ金属製を選んでください。

 
 よく雪崩は雪なのでプラスティック製で充分と言う方もいますが
 確かに雪が動いているうちは柔らかですが、雪崩が止まった
 デブリ末端はすぐに硬化してきます。

 スキー場のピステンや道路の除雪車が押して作った雪山を想像して下さい。
 雪崩末端もあのように雪が押され圧縮してゆきます。
 この時に金属製と硬質プラスティックのショベルでは雪への入り方に
 大きな違いが出てきます。


 実際に雪山でデブリ(雪崩の末端、雪が積みあがったところ)を見つけたら
 触ってみて下さい。その硬さに驚くはずです。

 
 ビーコンに関しては何機種かの性能比較をしていますので参考にして下さい。
 http://freeride.7days.tv/beacon.htm 


 現在、アナログ式とデジタル式が発売されていますが
 初期での使いやすさはデジタル式が勝っています。
 ですが使い慣れると、その捜索時間には違いがありません。

 
 どちらにしても自分が選んだ機種に慣れるということが重要です。


 でも1台しか持っていないのにどうやって練習?
 
 私は練習用に発信のみのビーコンを合わせて買いました。


 
 そしてビバーク用品
 ようは悪天候やその他の要因で身動きがとれなくなり
 山で1泊するための道具です。

 時間や体力に余裕があるときは出来るだけ雪洞を掘るとして
 ツエルト(非常用の簡易テント)は必ず持ちましょう。

 この非常テントはたたむと握りこぶし位の大きさしかなく
 設営はストックなどを使用して三角テントのように張ったり
 頭からかぶっても使用できます。

 
 雪山では風雪からあなたを守ってくれる心強いシェルターです。

 この時にロウソクなどがあればツエルト内の暖房にも使えます。

 
 さらにシュラフカバーやエマージェンシーシートに包まれば体温の
 損失を防げますのでこれも用意することをおすすめします。


 
 
 以上が私が勧める最低限の装備です。
 安くあげても約10万円位の出費かとおもいます。
 
 顔をしかめるあなたの奥さんや彼女にはこう言ってください。

 
 「男の遊び道具はこのくらいの値段がして当たり前だろ!?」

 あっ!最近は女性もこの遊びに多く参加されていますね。
 そのときはこう言うのです。

 
 「大人の女が身に付ける物、安いもんでしょ!?」



 どちらにしても、装備をケチるのは命をケチることに直結している
 ということを理解してください。

 

 近所の登山洋品店、または他のサイトなどの価格、性能など
 比較して賢くそろえましょう。


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  
  お勧めの山道具
  http://freeride.7days.tv/bcequipmentindex.htm

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆



 次回は実際にこの道具を使って山に入る方法のお話をいたします。
 最初は・・そうですね
 ゲレンデトップから手軽(1時間位)に行けるピークから行ってみましょう!





 □ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 先日、最近よくない事ばかり続いて私は人生のどん底だ
 という知り合いの女の子とこんな話をしました。


 彼女は「他人の幸せを素直に喜んであげれない。」といいます。
 でもその不幸なことが続いているのは
 実は半分、本人に原因があるのですけどね。


 本人もそのことには気付いているようすですが・・


 私自身もそうですが自分が調子良くない時に心の底から
 他人の幸せを喜べるほどの人格者?っているのだろうか?


 これは他人の幸せを喜べないというよりは
 自分だけ、とりのされたという感覚に近いのかもしれません。


 私達は誰でも他人が自分よりもたいへん幸せだときけば
 それは良い事だと思う反面
 

 自分はその人と比べてどうなんだろうと考えてしまう癖があるようです。

 
 これを読んでるあなたも精神力で支えないで正直に答えてください。


 「他人の不幸は蜜の味」なんて考えていませんか?(笑)


 こんな時、私はこんな風に考えるようにしています。


 ある人が幸せの報告をしてきた時は、その人が
 その幸せを手に入れた過程の苦労、苦しみを想像します。


 世の中には何の苦労も無く手に入る幸せも、どこかにあるのでしょうが
 どこか嘘っぽい・・


 やはりその幸せの報告をしてきた人はそれなりの努力が影にあるはずです。
 その努力を考えたとき

 
 すなおに他人の幸せを喜んであげる事が出来るようになりました。
 この人の、今の幸せの影にはこんな努力があるのだから
 幸せになってあたりまえ。 


 素直に思えます。

 
 それに他人と自分を比べる事には何の意味も無いような気がします。

 ましてや他人と他人を比べて評論するなど時間の無駄です。



 比べるなら過去の自分と現在の自分を比べてみてください。


 どうですか?


 現在のあなたは、あなた自身が目指す


 あなた自身のピーク(山頂)に近づいていますか?



┏★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━ISLAND cafe━━━┓

発行   THE NORTH ISLAND  http://freeride.7days.tv/
編集   ナリタ 連絡先      hn319@f2.dion.ne.jp
メルマガの登録、解除       http://freeride.7days.tv/islandcafe.htm

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆★┛









Top Hokkaido Surfin Backcountry Link
patagonia
サーフィン入門講座 サーフィン日記 サーフミュージック  Tボード
車の維持費をタダで抑える! サーフィン、BB関係の本 レスポートサック
サーファーの仕事を考える サーフィン映画DVD、ビデオ ハンディーGPS
パタゴニア
















バックナンバー

1 バックカントリーのすすめ

2 道具をそろえる

 ワンデイツアーに行こう

 雪崩の危険回避はできるか

 冬山のビバーグ

 雪山のルートミス

 山で起こった不思議な話し

 自己責任という免罪符

 とても怖い風成雪

10 山岳保険について


11 スノーシューを考える

12 ウェアに求められること












































































































































































































































































































































































<前 戻る >次