ジャック ジョンソン

ジャック ジョンソン プロフィール

1975年5月18日ハワイのノースショア生まれ。若き日にはサーファーとして活躍しましたが、
大きな怪我をきっかけにギターに魅せられていきます。自作曲の「ロデオ・クラウンズ」が
G.ラヴ&スペシャル・ソースのアルバムに収録されたことを契機に音楽界でも注目を集め、
02年に「ブラッシュファイアー・フェアリーテイルズ」アルバム・デビューしました。
04年の「フジロック」で来日し単独ツアーを行い、“Jack旋風”を巻き起こしました。

彼のほとんどの曲がセミ・アコースティックな作風で、「気楽にやろうぜ」の精神が
ジャック ジョンソンの書く歌詞の隅々に行きわたっています。
「なるようになるさ/世の中こうして回ってるんだ(What will be will be / And so it goes)」
――オープニング・トラック「Times Like These」で、ジョンソンは歌っています。

05年3月26日付のビルボード総合アルバム・チャート(The Billboard 200)で、
ジャック・ジョンソンのニュー・アルバム「イン・ビトウィーン・ドリームス」が2位を獲得しました。
同月3位に初登場したこのアルバムは、2週目で1ランク順位を上げています。
さらにこの週1週間のセールスは、11万7000枚以上を記録しています。

また05年で2回目となるハワイのチャリティ・フェスティバル『Kokua Festival』に、
ジャック・ジョンソンが出演することに決定しました。このフェスティバルは、
4月13日にマウイ島のカフルイにあるMaui Arts And Cultural Centerと、
16日にオアフ島のホノルルにあるWaikiki Shellで開催されるもので、収益金は全額、
ハワイで環境教育プログラムを行なっている団体『Kokua Hawaii Foundation』に
寄付される予定です。
同フェスティバルには他に、Jackson Browne、G. Love & Special Sauce、Ozomatliなどが
出演します。

そんなジャックの世界にあなたも浸ってみませんか?


ジャック ジョンソンAmazonでのレビュー

大切な時間   福岡県 J
Jack Johnson・・・これだけメジャーになっても彼はスタイルを崩さずに、
そして毎回ほんの少しずつ新しいモノを取り入れている・・・
もちろん基本のスタイルを変えることなく・・・
これがJack Johnsonのいいところだと思います。ライフスタイルをそのまま曲にしたような
メローなアルバムは忙しさに追われている我々が忘れかけている
一番大切なものを思い出させてくれるようです。

前作『オン・アンド・オン』はビルボード・アルバム総合チャート初登場3位を記録。
サーフィンという全く違う世界からのアプローチにしてはすごい快挙ですよね。

今回のIn Between Dreamsも今までのようなメローな感じばかりではなく
ミディアムやアップテンポの曲も収録されて飽きの来ない仕上がりで
これも又高く評価されることでしょう。


今までのスタイルをくずさず新しいものへ
   東京都 J
やっぱ何回聴いても素敵だった。
ゆったりしたリズム、繰り返される波のような心地よさ・・・
でも、今回はそれに加えてボサノバだったり、
生活の中で生まれた「バナナ・パンケーキ」などは小刻みいいテンポで
今までの心地よさに加えて彼の生活しているリズムがうかがえてよかった

特典DVDは、彼の大事にしている家族・仲間など引き込まれる世界があって
心地いいものだった。


息抜きの御供に
    兵庫県 J
サーファーが作った音楽”と聞いていたので『夏』『パーティ』『ノリ・勢い重視』
みたいなアルバムを予想&期待していましたが、実際に聞いたときは
「ふ〜ん、まったり系やね」と、拍子抜けしました。
でもね、なんとなく先入観なしで2回目を聞いたらハマりました!
「そんなに生き急いでどないすんの。ボチボチいこや」的な、
ゆる〜い優しさを感じました。忙しい合間のホッとしたいヒトトキに最高です。


ふと。,         横浜
ハワイ生まれのハワイ育ち。サーファー兼ミュージシャンとして、
ゆったりとした暖かい音楽を作るサーフ系ミュージシャンの彼。
ライヴの時にはAll Right!を直訳し、ダイジョーブ!と叫ぶおちゃめで
フレンドリーな雰囲気には和まされます。
「Slow Down Everyone You're Moving too fast」忙しい人も、
マイペースな生活をしている人も、ほっと一息つける、とても気持ちいい音楽です。


mellow out!!,     Japan
南の島とか海とかサーフィンとかが好きな人には絶対お奨め。

サラリーマンの方は,仕事を終えた電車の中で。
主婦の方は,家事を終えたコーヒータイムに。
そして若者たちは,彼氏・彼女との海外沿いのドライブに。

mellow out!! 間違いない!!


ピースフル   Japan
フォーキーだけでは収まらない、軽量感のあるリラックスロック。
しかも、メロディーは味がある、聴き応えのあるにもかかわらず、
す〜っと流れていく感じ。
おしゃれにも聴けるし、カフェとかにもいいと思う。
あとは声もリラックスさせる要因になってるように思える。
ベンハーパーよりもやっぱり軽い感じ。Gラブとは結構違う。
ドノヴァンフランケンと比べちゃうと、ちょっとむこうのほうがフォーキーなのかな。
こっちのほうがロックというか、いいテンポ、ノリって感じ。


新しい名盤     東京都 T
CDを買うのはいつだって小さな冒険だ。
しかし話題のくだらないCDを買っても、そのうちどこかの中古安売で見つけるのは
ちょっと切ない。でもビートルズやジミヘンのCDはいつまで経っても安売しない。
結局のところ、要はいつまでもそのCDを手元に置いておいて聴きたいかである。

さてそこでニンマリ笑顔のライフスタイル芸人。
これは迷っているなら絶対に買った方が良いアルバムだろう。
眩暈がするほど肩の力は抜けているし、良い意味で好き勝手に演っている感じ。
アコギと鼻歌と口笛で作っちゃいましたみたいな…。
それでいてシンプルで素朴なのに凄いクオリティなんだ!
例えるなら木漏れ日のような優しさがアルバム全体に漲っている。
ちなみに彼はハワイ出身の元プロ・サーファーで、大学では映画製作を学び
サーフ・ムービーの監督も手掛けているので気に入った人
は是非チェックしてみたらいかがでしょうか。

ボブ・ディランやボブ・マーレイの音楽が時代の流れに廃れなかったように、
彼の音楽も多分時代を経ても軽く扱われることはないだろうと思う。
もし仮にそんな時代が来ても、僕はこのアルバムを手放さないだろうけど。


イン・ビトゥイ−ン・ドリームス CD ジャックジョンソン  イン・ビトゥイーン・ドリームス     詳細を見る
ジャック ジョンソン日本盤のみボーナス・トラック1曲収録
(feat. G.Love & Donovan Frankenreiter)
UNIVERSAL 2005/2/16 on sale


初回限定生産DVD付スぺシャル・エディション同時発売

Thicker Than Water サウンドトラック ジャックジョンソン  Thicker Than Water: Original Soundtrack   詳細を見る
サウンドトラック
シッカ−・ザン・ウォーター〜サウンドトラック
 / ジャック・ジョンソン、Gラヴ&スペシャル・ソース他
2004/02/18 RELEASE
ジャック ジョンソン制作のサーフ映画"thicker than water"のサントラ。 

September Sessions CD ジャックジョンソン  September Sessions/O.S.T.    詳細を見る
サウンドトラック
セプテンバー・セッションズ〜サウンドトラック
/ ジャック・ジョンソン、Gラヴ&スペシャル・ソース、オゾマトリ他
2003/09/21 RELEASE
ジャック ジョンソン制作のサーフ・フィルム
"The September Sessions"のサントラ


On snd On CD ジャックジョンソン   On and On     詳細を見る
オン・アンド・オン
ジャック ジョンソンのセカンドアルバム
2003.06.19 RELEASE

Brush fire Fairyteles CD ジャックジョンソン   Brushfire Fairytales   詳細を見る
ブラッシュファイアー・フェアリーテイルズ
ジャック ジョンソン、ファーストアルバム
2002/06/12 RELEASE

シッカー・ザン・ウォーター DVD ジャックジョンソン  Thicker Than Water / (Coll)   詳細を見る
シッカ−・ザン・ウォーター   DVD
これが、ジャック ジョンソンの原風景!ミュージシャンとしては勿論、
映像作家として高い評価を得ているジャック・ジョンソンの原点とも言える
サーフ・ドキュメンタリー・フィルム!

2004/02/21 RELEASE

セプテンバー・セッションズ DVD ジャックジョンソン  September Sessions    詳細を見る
セプテンバー・セッションズ  DVD

2003/09/21 RELEASE

戻る