装備表
スノ−ボード
ブーツ
登山用ザック
スノーシュー
ポール
アイゼン
ピッケル
水筒
ヘッドランプ
2万5千分の1地形図
コンパス
高度計
GPS
小型ナイフ
小型バーナー、クッカー
デポ旗(赤布)
ジャケット、オーバーパンツ
中間着
アンダー(シャツ、タイツ)
ソックス
グローブ
目出帽
ゴーグル、サングラス
日帰り食料
非常食
ツエルト
シェラフカバー
アバランチビーコン
ゾンデ
スノーシャベル
トランシーバー、携帯電話


パタゴニア


■ 冬季 登山用ジャケット

パタゴニア ソフトシェル ジャケット TNF マウンテンライトJK
パタゴニア ディメンションJK TNF マウンテンライトJK

左はパタゴニア製の今話題のソフトシェルのジャケットで、主に山に入るときに使用しています。
軽くて生地に伸縮性があり、透湿性に優れた製品です。
フィルムをラミネートしていないぶんその透湿性には目を見張るものがあり、
どんなに汗をかいても体はすぐにドライな状態にもどります。

以前は登りではジャケットを脱いでフリースになっていましたが雪が降っているときなど
雪がフリースに付着するので閉口していました。
このジャケットを着てからは登りでジャケットを脱ぐことはありません。
これは本来クライミング用ですがバックカントリー用のものも発売されています。

また糸の段階から撥水処理をしているので(ミクロにケバたってる構造が撥水している)
洗濯のたびにその撥水性能が回復します。 
防水性能は叩きつけるような豪雨の中を1日中行動するようなことでもない限り大丈夫。
さすがハイテク素材って感じです。

パンツはゴアテック製のロウアルパインのものを使用していますが
近いうちにこちらもソフトシェルに変更予定です。


右はゴアテックスラミネートのノースフェイスのマウンテンライトジャケットです。
以前は山で活躍してくれたものですが、今は引退してゲレンデ専用にしています。
パンツは同シリーズのマウンテンライトパンツを使用しています。




バックカントリーでのスキー、スノーボードにはパタゴニアのこの辺がおすすめです。

パタゴニア・スタッシュジャケット


なんとこのソフトシェルジャケットは縫い目がありません。布地同士を特殊な方法で接着する
テクノロジーを採用しているとか。肩などには防水プロテクション採用でさらに進化した
ジャケットです。そんなパタゴニアの調子のよさそうなジャケット、パンツを紹介していますので
ひまな時にでも見てください。


















前< 戻る >次