TOP HOKKAIDO SURFING BACKOUNTRY SNOWBOARD LINK           【パタゴニア】日本語無料カタログ配布中      
北海道のサーフィンエリア
パタゴニア



北海道のサーフィン サーフエリア
日本海エリア
北海道のサーフィン 日本海秋
西高東低の気圧配置が強まる秋から冬
がシーズンとなりますが、強風や降雪は
あたりまえ。
時には 吹雪きの中のサーフィンも珍しく
ありません。稀に真夏でも波が上がる事
も有りますがサーファーにとっては、こ
のうえもない自然の恵みとなります。





オホーツクエリア
北海道内においてもその情報は少なく
まだまだ未知のエリアですが一部の
ローカルサーファーによ りそのブレイク
を楽しまれているようです。

太平洋エリア
北海道のサーフィン 太平洋夏
北海道を代表するスッポットが点在す
る このエリアの海岸線は広大で春から
秋にかけて多くのサーファーで賑わい
ます。


著作権:白い地図工房
北海道のサーフィン 日本海冬積雪の中のサーフ 北海道流 豊かな自然 十勝の穀倉地帯
一部のコアサーファーにより行われる厳冬期で
サーフでは−10℃以下ということも珍しくなく
見る者を驚愕させますが、これもまた北海道流
なのです。しかし 元旦サーフには女の子が顔を
出す事もあります。


内陸に目を移すと其処はどこか日本の田園
風景とはかけ離れた圧倒的な広大さで迫る
自然があります。アフターサーフィンにそんな
自然を訪ねてみるのも北海道流のサーフィン
なのかもしれません。




北海道各エリアでのサーフィン
北海道日本海でのサーフィン

北から西のウネリがヒットする日本海エリアのシーズンは西高東低の気圧配置が強まる初冬からとなりますが、太平洋側を
台風が抜けたあとの北〜西〜南西の吹き返しの風でも波はたちます。
しかしその波の寿命は短く朝に頭オーバーでも昼にはフラット、またその逆に朝にはフラットで昼には頭オーバーということも
珍しくありません。一般的にその水温は太平洋より高く、海岸線も入りくんでいるためバラエティーに富ん波を楽しむことができます。
ですが基本的にオンショアの風で波がたつため風を避けるポイントを狙うか、風が止んだ直後を狙う必要があります。


北海道太平洋でのサーフィン

春から夏〜秋にかけてがシーズンの太平洋の海岸線は広大で、南〜南東のウネリにを受ける海岸線にポイントが点在しています。
波質もビーチブレイクからリーフのポイントブレイク、河口の波と好みやレベルに合わせた波を楽しむことができます。
ですがその水温は低く、盛夏でも3mm程度のフルスーツ、地域によっては5mm/3mmのフルスーツが必要な地域もあり、
気候も春〜夏にかけてはガス(霧)がかかることも多く気温も上がりません。しかし8月中旬頃からは快晴率も高くなり
秋の台風シーズンには素晴らしい波と天候のもとでのサーフが期待できます。
魅力なのはその人口密度の低さで一部のポイントを除けば、ストレスの無いサーフを満喫できます。


北海道オホーツク海でのサーフィン

オホーツクの海と聞いて想像するのは流氷ですがその水温は意外と暖かく波のたつ条件は日本海と似ています。
ですがその情報はまだまだ少なく一部のローカルサーファーのみで楽しまれています。私自身、オホーツク海でのサーフ体験は
20年ほど前に網走近郊での1回のみです。しかしその波質、海水の透明度など忘れられない経験となっています。


近年、利尻島在住のサーファーにによりその島のポイントが開拓されwebにて紹介されたのは嬉しいかぎりです。
北海道内からも遠い島ですが、その波のクオリティーは高く、機会があれば是非訪れてほしいサーフエリアの1つです。
このように北海道にはまだまだ人知れずブレイクしている波が豊富にあり開拓の余地もあります。そのような波を求める旅も
また北海道流と言えるでしょう。


なお各ポイントを訪れる祭は、節度を守り、楽しくサーフされることを重ねて、お願い致します。特に漁業関係者や
ローカルサーファーとのコミニケーションは大切にして下さい。基本的にはどのエリアでもあなたを歓迎し、暖かく迎えてくれる
北海道の風土を感じでいただけることと思います。


現在北海道のメジャーポイント浜厚真、前浜以外は駐車台数にも限りがありそのポイントの性格もシークレットに近い扱いとなっています。
各ポイントの所在地、名称などはインターネットでの公開は控えさして頂いています。どうしてもという方は→サーフィンアゴーゴー国内編
参照してください。

↓個別のポイントをネットでは紹介しにくい状況にありますが一部写真だけでもどうぞ。

北海道の波の写真はこちら



北海道のサーフィンを楽しむための本
サーフィンアゴーゴー国内編  サーフィンアゴーゴー国内編    詳細を見る
北海道のメジャーポイントを日本海、太平洋とも紹介されています。
全国では491個所という膨大な情報誌で定期的に改訂版を出版しているので
信頼度も抜群。
ホームを離れ他のポイントを訪れるさいは大変参考になる1冊です。

 その他の波乗り関係の本

北海道 キャンピング ガイド  北海道キャンピングガイド      詳細を見る
キャンプをしながらの波乗りも楽しいもの。
シンプルな野営場から充実設備のオートキャンプ場まで、北海道内でキャンプができる場所を網羅。
毎年更新による新鮮で豊富な情報、臨場感溢れる写真、見やすい地図の他、
キャンプに関するコラムやクーポン付きの温泉情報もプラス。
お出かけ前のキャンプ場選びはもとより、雨の日のテントの中でも楽しめる内容になっています。
出版はこの分野では信頼度抜群のRISE出版。


北海道 ホンモノ の 温泉  北海道ホンモノの温泉    詳細を見る
サーファーの温泉好きはもはや承知の事実。
道内800湯、有名温泉から一軒宿の湯、大雪や知床の野天風呂までの中から心身に効く
163湯を温泉教授が厳選した、北海道温泉ガイドの決定版。
”五つ星 ”で「ホンモノの温泉度」が一目瞭然。巻頭には「北海道温泉番付」も収録。
本物志向の方に、温泉学の第一人者が贈る待望の「安心できる本物の温泉ガイド」



北海道にアクセスする
おすすめ北海道 格安の宿  高級なところはありませんが、ペンションから温泉旅館まで格安で良心的なおすすめの宿です。

国内格安航空券のエアーズゲート  航空券が安いだけではなくサービスも充実しています。




パタゴニア アウトレット
北海道のサーフィン  北海道のサーフエリア  季節による必要な道具 

波乗り日記  サーフミュージック サーフィン関連の本 サーフ系ムービー

サーフィン初心者講座 メールマガジン 内緒の話 サーファーとして生きる
パタゴニア ウェブアウトレット


戻る
TOP HOKKAIDO SURFING BACKOUNTRY SNOWBOARD LINK BLOG PROFILEI MAIL