サーフィン初心者講座  パドリングを極める            パタゴニア



パドリング疲れませんか?ちゃんとスピード出ますか?力強いパドリングはサーフィンの基本です。
でも大丈夫!コツさえ分かればちゃんと疲れない効率的なパドルをモノに出来ます。



パドリングを極める

サーフィンで海に入っている時間の約90%はパドリングしています。
ゲッティングのためのパドリング、テイクオフのためのパドリング、ポジションキープのための
パドリング。サーフィンの基本動作の1つであるパドリングですが簡単なようで奥が深い・・
今回はこのパドリングのお話しです。


効率のいいパドリングとは・・これは長時間疲れにくくスピードが得やすいパドリングと言い換えることが
出来るかと思います。 
初心者の方はまずボードに乗る位置、これが後ろにずれすぎている場合がよくあります。
つまりノーズが水面よりもかなり高く上がった状態です。


この状態では水の抵抗が多くスピードを得ることは難しくなります。サーフボードは水面と平行な状態が
一番スピードが得やすく、意識して乗る位置を調整しましょう。


次に手のひらの状態ですが軽く開いた形が一番水をつかみやすい形といえます。
言い方を変えれば水の中で一番抵抗がある形です。感覚的には手の指を閉じたほうが指の間から
水が逃げないので多くの水をかけそうですが実際にはこの方が水中での抵抗が少なくなり
パドリングで効率のいいスピードはえられません。


そしてここが一番重要なのですがただ力任せにパドルしても疲れるだけで水はつかめないと
いうことです。水は固形物ではないのでパドリングの始めはゆっくりと水をつかむ感覚で、
重要なのでもう一度書きます。「水をつかむ感覚で」パドリングを始めます。


ボードが前に進む慣性がつきだしたら序所にスピードを上げてゆきます。
つまり自分のスピードに合わせてパドリングする回数や力加減をUPしてゆくということです。
そうすることにより効率良く短時間でスピードを得ることが出来ます。


それと手は出来るだけ遠くに入れ完全に後ろまでかききるというのも重要です。
肘を自然に曲げサーフボードの下、自分の体の下の水をかく感覚です。このときに肘が伸びて
いると効率が悪いばかりではなくひじょうに疲れやすくなります。


力を入れてかくタイミングは体の下から後ろにかけてです。手を水から抜くのは肘から抜くように
するのが疲れにくいのも覚えておいて下さい。
それとこれも初心者の方に多いのですがパドルするたびにボードが左右に振れている状態。
これも水の抵抗が多くなりスピードを得難くなる原因になります。
腕を肘から抜くようにすると、バランスが崩れ難くなりこの左右に振れるのもある程度解消されます。


胸はちゃんと反っていますか?そのときの重心はおへそにあります。
このおへそ重心を意識することでパドリング時のバランスもかなり安定します。


以上のことを意識するだけであなたのパドルは見違えるほど安定してスピーディーなものに
なるはずです。パドリングはサーフィンの基本です。


早いパドルはテイクオフを速くし、ゲッティングを速くしあなたのサーフィンのレベルをUPします。
ぜひ意識して練習してくださいね。
普段の練習の効果があるのはやはりチューブトレーニングです。

こんなの↓
プロジムセット
プロジムセット


週1回でもやらないよりも、はるかに良い結果が出、あなたのパドリングを強化します。

















Top Hokkaido Surfin Backcountry Link
パタゴニア
サーフィン入門講座 サーフィン日記 サーフミュージック  Tボード
車の維持費をタダで抑える! サーフィン、BB関係の本 レスポートサック
サーファーの仕事を考える サーフィン映画DVD、ビデオ ハンディーGPS
パタゴニア







サーフィン初心者講座

風と波の関係

テイクオフ基本編1

テイクオフ基本編2

ドルフィン嫌いですか

クローズ寸前の教訓

失敗しないボード選び

ナナメテイクオフを覚える

パドリングを極める

気象サイトで波予想

バックサイドから覚えよう

女性のあなたにアドバイス

テイクオフに失敗する理由ー1

テイクオフに失敗する理由ー2

視線は大事です。

ウエット最初の1着

波乗りがうまくなる唯一の原則

サーフボード リペアの小技

スタンス決まりますか?

なじみのショップを持とう。

あなたへのお願い































































前< 戻る >次