サーフィン初心者講座 女性のあなたにアドバイス         パタゴニア



サーフィン楽しいですよね。早く上手くなりたいですよね。大丈夫!このコーナーを読めば
すぐにうまくなります。今回の動画はあなたの苦手なドルフィンです。



サーフィンを始めた女性のあなたにアドバイス

ここ数年気がついたら海も山も女の子を連れていくことが多くなりました。
波乗りは分かるのですが冬山のバックカントリーにまで女の子が進出しています。
これも時代なのかもしれませんね。僕が波乗りを始めたころにはメジャーのポイントでも
数人というかんじでした。ボディーボードは皆無でしたし・・というか売ってなかった・・


今回はそんな子達をみていて女性がサーフィンを始めるにあたってのアドバイスです。
まず急務はパドル力を付けることです。これは大の男でも辛いことなので
女性にはかなり辛い試練になります。


でも心配しないで下さいね。始める板をファンボードかロングボードを選ぶと頑張れば
そのシーズンに横に走れるようになります。
浮力のあるファンやロングはパドルも速くテイクオフも早いのが特徴です。
サーフィンはテイクオフが出来なければはじまりません。
ショートボードに乗りたい方も最初はファンボードから始めることをお勧めします。


かりにロングボードから始めたら2年目にはその辺の中級者の波を取るくらいまでは
いくと思います。ですがここに1つの条件があります。
その条件とは・・


週2回はサーフィンに行くこと。えっ!そんなに行けない?では出来るだけでOKです。


スノーボードでは3回も山に行けばある程度のターンをまわして降りてこれるようになりまます。
ですがサーフィン3回目ではゲッティングはおろかサーフボードの上に座る波待ちも
ままなりません。


週2回ほどかよってテイクオフが出来るようになるには10回目〜20回目位の間でしょうか
これは個人差もありますが大体こんなもんでしょう。
その間にはびっくりするような大波の日もありサーフィンにならないほど小波の日もあります。
スノーボードで行くゲレンデとはかなり状況が違い、行けばいつでも練習できるとは限りません。


そのペースで通えば30回目までには横に走れるようになります。
冬は入らないとして1シーズン40回代通えば大体パドル力も付きサーフィンに必要な体力
筋力もつきます。これが浮力の無いショートボードで始めるとそのシーズンにテイクオフを
マスターして横に走るのはかなり難しくなります。
今まで見てきた感じではそのシーズンにテイクオフが出来ればかなり良い方でしょう。


これだけ聞くと「え〜サーフィンってそんなに難しいのー。」と思ってしまうかもしれません。
だいたい男が女の子を波乗りに誘う時はあまり難しそうなことは言いません。
「大丈夫!大丈夫!」その言葉にだまされてはいけませんよ。


ですがその面白さはスノーボードの比ではなく、僕も今でこそ冬の間はバックカントリーなんて
ことやってますが、以前は年中波乗りしていました。
北海道の冬がこんなに寒くなければバックカントリーはやっていなかったと思います。


道具を一式買い揃えてから後悔しないためにも是非板はファンかロングで初めて下さい。
そうすれば波乗りの楽しさを早く味わえます。


→女性が始めるならこんなファンボード 長さは6'8(203cm)〜7'6(230cm)の間で選べば
ほぼ失敗はないかと思います。

またロングで始めるならこんなところでしょうか。
→女性が始めるロングボード長さは9'0(275cm)もあれば充分です。


またこれも女性に限らず波乗りを始めた方は必ず3回目までに大なり小なりボードを
壊します。しかも海で壊すのではなく自宅か車に乗せる時にです。
サーフボードはとても弱くデリケートなものです。
無造作に床にポーンと置いただけでテールがクラッシュしてしまいます。


クラッシュしたまま使うとそこから海水が染み込みボードが重くなったり中で水が変色して
せっかくの綺麗なボードが台無しになってしまいます。
多少の傷は自分でリペアするのがお勧めですが女の子にはちょっと面倒くさいようです。


そんな方には最初から構造が違うエポキシボードがいいかもしれません。
壊れ難く、日に焼けて変色もしない。そして通常のボードよりも浮力がある。
女性にとっては扱い易いサーフボードと言えるかもしれません。
最近ではかなり価格も安くなったので最初はこれで始めるのも1つの選択肢です。




以上この辺のことをわかってちゃんとした道具で始めればけっしてサーフィンは難しくありません。
何回か通って凹んだことがあったらレンタル店からBLUE CRUSH(ブルークラッシュ)でも借りてきて
みましょう。挑戦する女の子サーファーの話できっと元気が出ますよ。


ようは楽しくやるのが一番です。それと簡易シャワーなんかの小物もあると便利ですよ。
あなたが乗れるようになったらどこかでセッションできるといいですね。
そんな日を楽しみにしています。


      ロングボードはこんなの






明日もあなたにとって良い風が吹き、良い波がおとずれますように・・















Top Hokkaido Surfin Backcountry Link
パタゴニア
サーフィン入門講座 サーフィン日記 サーフミュージック  Tボード
車の維持費をタダで抑える! サーフィン、BB関係の本 レスポートサック
サーファーの仕事を考える サーフィン映画DVD、ビデオ ハンディーGPS
パタゴニア







サーフィン初心者講座

風と波の関係

テイクオフ基本編1

テイクオフ基本編2

ドルフィン嫌いですか

クローズ寸前での教訓

失敗しないボード選び

ナナメテイクオフを覚える

パドリングを極める

気象サイトで波予想

バックサイドから覚えよう

女性のあなたにアドバイス

テイクオフに失敗する理由1

テイクオフに失敗する理由2

視線は大事です

ウエット最初の1着

波乗りがうまくなる唯一の原則

サーフボード リペアの小技

スタンス決まりますか?

なじみのショップを持とう

サーファーは遊び人


























































































前< 戻る >次