サーフィン初心者講座  ウエットスーツ最初の1着        パタゴニア



道具選びはサーフィンに限らず慎重になります。大切なお金を使うんですからあたりまえですよね。
そこで今回は気になる「ウエットスーツ最初の1着」です。今回の動画はパタゴニアのウエット作りを
覗いてみました。




ウエットスーツ最初の1着

地域にもよりますがサーフィンをするうえでウエットスーツはその季節の気温、水温などで
何着か必要になります。
でも最初から何着も買う人はあまりいません。


では最初になにを買ったらいいのでしょう。考えてしまいますよね。
僕の住んでいる北海道で考えるとゴールデンウイークころから始めたとして・・
(夏までにある程度乗れるようになるにはこの時期から始めるのが最適)
まずウエットはセミドライが必要になります。


これはジッパーが海水の浸入を防ぐ構造になっていたり裏地が保温素材を使っていたりと
通常のウエットスーツよりもよりも温かな構造になっています。
北海道もゴールデンウイークころになると気温もかなり暖かくなりますが
水温はまだまだ低くこの時期に初めて海に入る方にはまるで氷水(ちょっと大げさ)のように
感じることでしょう。


このセミドライスーツにはオール5mmという全ての部分が5mm厚のものと5mm/3mmという
腕周りや袖など稼動部分を3mmにして動きやすくしたものがあります。
温かさではオール5mmが勝っていますが、北海道の冬に入るのでなければ
5mm/3mmで充分だと思います。ちなみに僕は5mm/3mmを使用しています。
その年にもよりますが時期的には〜6月、10月〜位の期間で使います。

さらにグローブ(手袋)ブーツが必要です。
これも厚みが3mmと5mmがありますが、最初のうちは実際よりも寒く感じるようなので
5mmを選ぶことをおすすめします。
足先や指先が冷えると体が温かくても寒く感じます。


つぎに6月に入ってから始める場合は5mm/3mmのフルスーツがいいと思います。
これはセミドライと厚みは同じですがジッパーが通常の物で、裏地がジャージ製になっていて
保温力はセミドライより落ち、やや温かな時期用です。
この時期でもブーツ、グローブはあったほうがいいでしょう。
個人的にはこの5mm/3mmフルスーツが一番長く使いまわしがきくような気がしています。


真夏など暑い時期もありますが気温によっては調度いい日もあります。
またオール3mmというフルスーツもありますが女の子は寒く感じる時もあるようです。
寒いのを我慢するより暑いのを我慢したほうが楽です。


以上のことから考えて5月中に始めるなら最初のウエットはセミドライが必ず
必要となります。さすがに夏は暑いのでその時期になったら薄いウエットをセールで
購入するのが経済的です。


6月かそれ以降に始める場合は5mm/3mmのフルスーツを最初に買っておくと
10月後半位までは使用できます。
この時期になって、まだ続けるのであればセミドライを考えます。


最初に道具を揃える時はなにかと出費もかさみますので使えるものはできるだけ
使いまわしたいと考えますよね。


北海道の場合、最初の年はセミドライとフルスーツがあれば大丈夫です。
6月中旬〜10月位だけでしたら5mm/3mmフルスーツ1着でもなんとかいけます。


最初の1着目のウエットはこんな感じで選ぶと失敗がなく経済的かと思います。


でもいずれは使用時期に合わせてウエットを最低2着は用意しましょう。
その方が傷みも少なく長く使え、結果的に経済的です。


全てを求めると全てを失う。恋愛も一緒ですね。


明日もあなたにとって良い風が吹き、良い波が訪れますように・・



ウエットはこんなの→BEWET





Top Hokkaido Surfin Backcountry Link
パタゴニア
サーフィン入門講座 サーフィン日記 サーフミュージック  Tボード
車の維持費をタダで抑える! サーフィン、BB関係の本 レスポートサック
サーファーの仕事を考える サーフィン映画DVD、ビデオ ハンディーGPS
パタゴニア




サーフィン初心者講座

風と波の関係

テイクオフ基本編1

テイクオフ基本編2

ドルフィン嫌いですか

クローズ寸前での教訓

失敗しないボード選び

ナナメテイクオフを覚える

パドリングを極める

気象サイトで波予想

バックサイドから覚えよう

女性のあなたにアドバイス

テイクオフに失敗する理由1

テイクオフに失敗する理由2

視線は大事です。

ウエットスーツ最初の1着

波乗りがうまくなる唯一の原則

サーフボード リペアの小技

スタンス決まりますか?

なじみのショップを持とう

サーファーは遊び人




























































前< 戻る >次