サーフィン初心者講座  サーフボードリペアの小技       パタゴニア



自分の板は自分で直してみましょう!「サーフボード リペア」についてです。今回の動画は
クイックフィックスを紹介してみました。




サーフボード リペアの小技

サーフィンを始めて間もない方は大なり小なり間違い無く板をクラッシュします。
しかも海でやるのではなく自宅か車に乗せるときに壊します。


大きなキズは別として多少の傷はサーファーたるもの自分で直しましょう。
時には台風のウネリが入るコンディションの中、唯一自分の体を預けるものです。
ちょっとした傷ですぐ直しに出すのでは愛着が足りません。自分でリペアしましょう。


最近でこそやりませんが以前は新しいサーフボードを買った初日は一緒に寝たくらいです。
あツ・・別に彼女がいなかった訳じゃありませんよ。


自分でサーフボードをリペアするとサーフボードの事がよく分かります。
思っていたよりデリケートで壊れやすいこと。
ロカーの具合やボトム形状、レールの形もこのさいじっくり観察しましょう。


小さな傷でもそのままにしておくとそこから内部に海水が進入してホームに染みてゆきます。
結果板が重たくなったり、最悪の場合は内部で海水が腐敗してせっかくの板を台無しにして
しまいかねません。  どことなく男女の関係に似ていますね。リペアは早めに!


サーフボードの構造は内部のフォーム(発砲スチロールのようなものと想像して下さい)の上に
デッキ側にはガラス繊維を2層〜3層、ボトム側には1層〜2層巻いて、その上から樹脂で
コーティングしています。


ですから表面の硬い数ミリの層の下はとても柔らかい素材で出来ています。
ちょっと不注意でぶつけても表面の層が割れたり、ヒビが入ったりしてしまいます。
そのまま海に行くとそこから海水が染み込みます。


僕はサーフボードを始めて触る人には「ガラスで出来てると思って扱ってね。」と
必ず言います。それでも数日のうちに必ず壊します。


さて肝心のリペアの話ですが1cm四方位の傷ならこれで簡単に直りますので
自分で挑戦してみましょう。
必要なのはまずリペアキットです。


この中にはクロス(ガラス繊維の布のようなもの)とレジン(樹脂)、硬化剤(樹脂を固める)、
サンドペーパー、ヘラなどが入っていてリペアに必要な物が全てセットになっている
便利なものです。


リペアキット  ←こんなかんじ。


まず傷がいつ出来たものかが重要です。そのまま海に1度でも入ったら海水が染み込んで
います。これを乾かさなくてはいけないのですが通常はケースから出して2日〜3日放置して
おきます。


ここで短気な方のためにちょっとした小技があります。
傷から30cm〜40cm離れた部分を傷を囲むようにドライヤーで暖める方法です。
これをやるときはワックスは落としてからですよ。
ドライヤーの熱で溶けて収拾がつかなくなります。


サーフボード内部のホームは空気も多く含んでいるのでドライヤーで暖められた空気は膨張し
出口を探して傷の方に流れます。この時に傷から染み込んだ海水を押し出すという小技です。
傷から水が染み出たり泡が出たら内部に水が浸入していた証拠です。
これを15分〜20分位やってるとほぼ水や泡が出なくなります。


コツは傷から出来るだけ離れた所から暖めるということです。
この時に傷に近い部分を暖めると膨張した空気に押され水はさらに奥に浸透してしまいます。


これである程度の水は排出されるはずですが念のために1日だけ放置してさらに乾かしましょう。


翌日、リペアにかかる前に傷とその周りを少しだけペーパーをかけてレジンの乗りをよくしてあげます。
次に紙コップなどにレジンを適量(傷を埋める量より若干多目)入れ、その中に
クロスをハサミで細かく(1mm〜2mm)刻んだものを入れてゆきます。(ここがミソ)


通常であれば傷を埋めたあとに傷のサイズに合わせたクロスをかぶせるという作業ですが
小さな傷の場合は面倒です。またレジンだけで固めるとあとからクラックが入りやすくなります。


刻んだクロスを加えながら割り箸などでよく掻き混ぜます。
このときに泡立てないようにゆっくりやりましょう。気泡が入ったまま固まるとその部分が空洞になり
あとでやり直ししなければなりません。
掻き混ぜているうちになんとなくトロっとした感じになればOKです。
クリアのボードであれば、このときにレジンホワイトを混ぜてあげると仕上がりが綺麗になり
リペアの跡がほとんどわからなくなります。(レジンが白色で固まります。)


次に硬化剤を2滴〜3滴垂らしてさらに掻き混ぜます。(泡立てないこと)
硬化剤が入ると固まりだすのでここからの作業はスピーディーにやりましょう。
あとはレジンを割り箸やヘラですくって傷に盛っていくだけです。(内部に気泡が入らないように注意)
後からペーパーで削って面を出すので若干盛り上げぎみにするのがコツです。


通常ですとレジンが垂れるのですが、刻んだクロス入りの場合は垂れ難く作業性がいいです。
加えて固まったあとも強度があります。
気温にもよりますが翌日まで置いておくとペーパーがけできるまで硬化しているはずです。
この時によく硬化させずにペーパーをかけると仕上がりがとても汚くなりますので
充分に固まるまで待ちましょう。


後はペーパーがけして面を整えて終了です
このくらいの作業でしたら女の子にでも簡単に出来ますので是非、挑戦してみて下さいね。
サーフボードの構造がなんとなく分かり、自分で直した板は愛着が湧きます。


最初はうまくいかなくてもOKです。シーズン中には3回〜4回位はやるはずですので
サーフィンの上達と同時にリペアの腕も上がります。がんばって下さいね。


リペアキット
を調べる。












Top Hokkaido Surfin Backcountry Link
パタゴニア
サーフィン入門講座 サーフィン日記 サーフミュージック  Tボード
車の維持費をタダで抑える! サーフィン、BB関係の本 レスポートサック
サーファーの仕事を考える サーフィン映画DVD、ビデオ ハンディーGPS
パタゴニア








サーフィン初心者講座

風と波の関係

テイクオフ基本編1

テイクオフ基本編2

ドルフィン嫌いですか

クローズ寸前での教訓

失敗しないボード選び

ナナメテイクオフを覚える

パドリングを極める

気象サイトで波予想

バックサイドから覚えよう

女性のあなたにアドバイス

テイクオフに失敗する理由1

テイクオフに失敗する理由2

視線は大事です。

ウエット最初の1着

波乗りがうまくなる唯一の原則

サーフボード リペアの小技

スタンス決まりますか?

なじみのショップを持とう

サーファーは遊び人
































































































前< 戻る >次