サーフィン初心者講座  スタンスきまりますか?     パタゴニア



テイクオフもさまになってくると気になることが出てきます。スタンディングのスタンス。
これが決まらないとボードの性能を引き出せないばかりか上達のスピードにも影響します。。



スタンス決まりますか?

実はこれ、僕が一番苦労したことなんです。
ある程度乗れるようになってからもしばらく悩みました。
普通に何の苦労も無く、ビシっとスタンスが決まる人もいるんですが・・


僕はショートボードで始めたのでショートでの話になりますが、理想の位置は
前足はノーズロッカーの始まる位置、大体はボードの一番幅の広いあたりです。
後ろ足はテール、トライフィン(3枚フィン)の中心あたりになります。


僕の場合、冬の間のスノーボードのスタンスになってしまい加えてボードの真中近くに
乗ってしまうというクセが抜けませんでした。
前足の位置は決まるのですが、後ろ足がかなり前方にずれてスタンディングしてしまいます。
波乗りのシーズンに何とか直しても、1冬スノーボードをやるとまたスタンスが狭くなっています。


これはテイクオフの練習(スタンディング)をしている時は立つ事に精一杯で
気がついていませんでした。
ある程度乗れるようになり次の段階で「なぜ鋭くリップが決まらない?」
「なぜカットバックが重い?」という疑問から気が付いたことです。


この弊害として後ろ足が前にポジションするとボードの操作性がひどく重くなります。
フルレールのターンではなんとかいけますが、急なターンの場合は後ろ足を
踏み変えなければいけません。


誰にも言いませんでしたが、サーフィンを始めて5年位は毎年密かに悩んでいました。
陸上練習もやりましたが、元来運動神経の鈍い(小中とも体育は5段階で2)僕にはなかなか
直すことが出来ませんでした。というかスタンディングした時に前足は視線の端で見えますが
後ろ足がどこを踏んでいるのかよくわかりません。


ちらっと見るか、最初のターンで「あツ」っと思う感じでした。


前足の位置が決まらないのは以前も書きましたが手の突く位置を直すことでほとんど
解消されます。  しかし後ろ足は・・
普通に出来る人には何でもないことでも出来ない人には大問題です。


陸上練習で体に覚えこませるというのも1つの方法ですが、陸上ではちゃんと出来ます。
でも実際のテイクオフ時には後ろ足が前に出てスタンスが狭くなる・・
まずは実際に後ろ足がどこを踏んでいるのかを正確に知ることを考えました。


後からテールのワックスに付いた踏み跡を見て確認するのではなく、テイクオフの瞬間の
後ろ足の位置をその場で知りたいとおもいました。
そうすることにより次のテイクオフではもう少し足を後ろに・・と短時間のうちに修正できます。


そこで考えたのがテールにデッキパッドを張るという方法です。(たいしたことでなくてスミマセン)
デッキパッドを踏むことにより踏んでいる位置を見なくても正確に知ることが出来ます。
本来の目的とは使用法が違いますが、これは効果てきめんでした。
海に入っている間中テイクオフのたびに修正できますし。やはり波乗りに関する練習は
実際に波乗りしながら練習するのが一番です。


僕のように変なクセがついて何年もしてから直すのは大変です。
もしあなたが自分のスタンスの位置に不安をお持ちでしたらデッキパッドの踏む位置で
確認しながら練習するという方法をお勧めします。
きっと思った以上の成果を得られることと思います。


明日もあなたにとって良い風が吹き、いい波が訪れますように・・



デッキパッドはこんなの→ASTRO DECK








それでもうまくいかない方はは一度メールください。








Top Hokkaido Surfin Backcountry Link
パタゴニア
サーフィン入門講座 サーフィン日記 サーフミュージック  Tボード
車の維持費をタダで抑える! サーフィン、BB関係の本 レスポートサック
サーファーの仕事を考える サーフィン映画DVD、ビデオ ハンディーGPS
パタゴニア





サーフィン初心者講座

風と波の関係

テイクオフ基本編1

テイクオフ基本編2

ドルフィン嫌いですか

ビックデイの教訓

失敗しないボード選び

ナナメテイクオフを覚える

パドリングを極める

気象サイトで波予想

バックサイドから覚えよう

女性のあなたにアドバイス

テイクオフに失敗する理由1

テイクオフに失敗する理由2

視線は大事です

ウエット最初の1着

波乗りがうまくなる唯一の原則

サーフボード リペアの小技

スタンス決まりますか?

なじみのショップを持とう

サーファーは遊び人











































社員をサーフィンに行かせよう イヴォン・シュイナード著
社員をサーフィンに行かせよう








前< 戻る >次