サーフィン初心者講座  なじみのサーフショップを持とう!   パタゴニア



サーフショップ。この言葉には独特の響きがあります。どこか現実離れした世界のような
なんとなくワクワクするような・・それはさておいて馴染みのお店を持つことはとてもメリットがあります。

今回の動画のような説明をしてくれるショップなら間違いはないでしょう。


なじみのサーフショップを持とう

サーフィンを始めるにあたって馴染みのサーフショップがあると心強いです。
まったく初めてで道具も何もない場合でも、道具一式レンタルの無料スクールを
実施しているところもあります。


また道具はあるけど、イマイチ伸び悩みを感じている場合もショップのスタッフに相談できたり
ポイントのことや海のこと、ひいては渋滞時の抜け道や帰りに寄りたい温泉、美味しいお店なんかの
情報もたくさん持っています。


ショップはプロショップから大型店まで色々ありますが、あなたが行って居心地のいいお店、
親身なスタッフがいるところであればどこでもかまいません。
お店選びは人選びです。なんとなく気が合いそうなスタッフの居るお店がおすすめです。
馴染みのショップを持つことによりそこの他のお客さんとも知り合いになることもあり
同じ趣味の仲間が増えるのは楽しいものです。


プロショップなどは常連のお客など居ると最初は何となく入りにくい雰囲気を感じますが
そんなことはありません。
その時はべつに買い物をしなくてもスクールの事や道具のこと色々質問してみましょう。
彼らの豊富な経験談を交えて親身になって教えてくれるはずです。


馴染みになると海で会ったときでも彼らはちょっとしたアドバイスをくれます。

「もうすこし板の前に乗ったほうがいいよ。」
「パドルはこうしたほうが楽だよ。」
「ほら!この波いけるよ!」

たまに波を譲ってくれることもあるでしょう。


出来れば最初の道具はそのようなお店でよく相談して納得したうえで揃えることをお勧めします。
これからサーフィンを始める方にも色々なレベルの人がいます。
年齢、性別、体力、体格、これら個々のレベルに合った道具選びは経験がいるものです。
自分でこれがイイと思っても実際には扱いにくかったりすることは中級者になっても
たまに経験します。


加えてホームポイントの波質や水温などを考慮してサーフボードやウエットを選ぶ必要があります。
最初のうちはこの辺までは中々経験者でなければ分かりません。


以前、僕の道具選びの基準は・・「グラフィック」でした。
とにかくカッコイイサーフボードが選ぶ一番の基準!
そんなもん慣れればなんでも一緒でしょ!みたいな・・


でも違うんですねこれが・・どんなにカッコイイサーフボードも自分の技量を超えてテイクオフも
ままならなければ見るのも嫌になってきます。
逆に多少気に入らないデザインの板でも気持ちよく波に乗れれば愛着が湧いてきます。
おかげで僕は随分と遠回りもし、お金も使いました。


自宅の近所にショップがなければ海の帰りに寄りやすいところでもかまいません。
信頼出来るショップとの出会いは的確な道具選びも出来ますし、あなたのサーフィンの
上達を助けます。


このサイトでも波乗りの道具を紹介していてこんな事を書くのは変ですが
道具はやはりちゃんとしたサーフショップで購入するのが一番です。
そこでは単に買い物だけにとどまらず、得られるものが少なくないからです。
買った商品と同時に彼らの経験、ノウハウもあなたは得ることが出来ます。


どうしてもお店選びに迷ったらこう自問自答して下さい。
「どうして私はここで買わなければいけないのか?」その答えを感じ取れれば
そこはあなたが馴染みとなるお店です。感じ取れなければそこはあなたのプラスになる
ことは少ないかもしれません。










Top Hokkaido Surfin Backcountry Link
パタゴニア
サーフィン入門講座 サーフィン日記 サーフミュージック  Tボード
車の維持費をタダで抑える! サーフィン、BB関係の本 レスポートサック
サーファーの仕事を考える サーフィン映画DVD、ビデオ ハンディーGPS
パタゴニア






サーフィン初心者講座

風と波の関係

テイクオフ基本編1

テイクオフ基本編2

ドルフィン嫌いですか

クローズ寸前での教訓

失敗しないボード選び

ナナメテイクオフを覚える

パドリングを極める

気象サイトの利用方

バックサイドから覚えよう

女性のあなたにアドバイス

テイクオフに失敗する理由1

テイクオフに失敗する理由2

視線は大事です

ウエット最初の1着

波乗りがうまくなる唯一の原則

サーフボード リペアの小技

スタンス決まりますか?

なじみのショップを持とう

サーファーは遊び人




























































前< 戻る >次