サーフィン初心者講座  波予想基本的な考え方      パタゴニア



波情報わかり難いですよね。波予想も難しい大丈夫!このコーナーを読めば
あなたにも出来ます。そんな頑張るあなたへの手紙「波予想、基本的な考え方」です。




サーフィンにおける波予想の基本的な考え方

サーフィンを始めたばかりの頃は大体は同じポイントに通って、今日は波があるまたは波が無い
と一喜一憂することが多いと思います。


ネットで各ポイントの波の状況など知らせるサイトもありますが自分自身でも波予想をしてみましょう。
当たり前ですがサーフィンは出来るだけ良い波で練習したほうが上達も早くなります。


自分が通いつめているポイントがオンショアでジャンクな状態の時でもそこから1時間ほどの
他の海岸線ではクリーンな波がブレイクしているなんてこともあります。


このテーマを進めるに当たってネットではメジャーポイント以外は具体的なポイント名を明かせない
ところも多くやりにくいのですが頑張って進めてゆきます。


まず初回は波はどうしてたつのか?という基本的なところからお話してゆきます。
波が出来る基本的な要因は風です。では風はどうして吹くのか?


風とは空気の流れです。空気は気圧の高いところから気圧の低いところへ流れます。
この空気の流れが風です。単純に考えて気圧の高いところとは高気圧、低い所は低気圧と
思ってください。


ちなみに低気圧は気圧が低ければ低いほど勢力が強く吹き込む風も強くなります。
この勢力が強くなったものが台風です。
ではその周りで風はどういうふうに吹くのか?気圧の高いところから低気圧の中心に真っ直ぐ
吹くのではなく、広大な範囲で時計と反対回りで吹き込んでゆきます。
あなたも衛星写真で台風や低気圧の大きな渦巻きを見たことがあるかと思います。


この時に発生する風で海面にさざ波が起こります。
そのさざ波は重なり合いしっかりした波に変化してゆきます。
さらにその波が重なりあったものがウネリです。


このウネリが海岸線に届いて私達サーファーが乗る波となります。
このウネリはたいへん遠いところからも届いてきます。
数百キロ、数千キロを経て私達のいる海岸線に届くのです。


また低気圧や台風は進行方向斜め左に一番強いウネリを発生させます。
よって太平洋を北上して北海道に近づく場合は沿岸に波が届きますが
日本海を抜けた場合の殆どは日本海に私達がサーフ出来るような波はたちません。


春から秋にかけては太平洋に、この低気圧や台風が発生しやすく波もたちやすくなります。
また初冬から翌春までは西高東低の冬型の気圧配置になりやすく日本海に波があります。


この西高東低つまり北海道の西に高気圧、東に低気圧という配置は西から東に風が吹く
ということです。大きな範囲で低気圧には時計と反対回りで風が吹き込むので
北海道の日本海には北、北西、北東などの風が吹くことになります。
よってこの気圧配置の時には日本海に波がたちやすくなります。


簡単ではありますが波はどうしてたつのかという基本はこんな感じですので覚えておいて下さい。


波予想は波があるか無いかではなく出来るだけ良い波を当てる予想ということで
海岸線に吹く風向き、潮の満ち干、海岸線の向きなども総合的に考える必要があります。


次回からこの辺のところを分かりやすく簡単に回を重ねてお話してゆきます。



ただ僕は気象予報士ではありませんし専門の教育も受けていません。
あくまで僕自身の経験値からのお話になりますことを最初にご承知おき下さい。
















Top Hokkaido Surfin Backcountry Link
パタゴニア
サーフィン入門講座 サーフィン日記 サーフミュージック  Tボード
車の維持費をタダで抑える! サーフィン、BB関係の本 レスポートサック
サーファーの仕事を考える サーフィン映画DVD、ビデオ ハンディーGPS
パタゴニア




初めての波予想

波予想基本的な考え

気象予報との矛盾

浜厚真における波予想

キーワード南東ウネリ

波予想 風を読む

潮位で波予想

北海道に巨大津波

日本海の波予想1

日本海の波予想2
















































































前< 戻る >次