サーフィン初心者講座  波予想 浜厚真の風を読む      パタゴニア



波情報分かり難いですよね。波予想も難しい大丈夫!このコーナーを読めば
すぐにうまくなります。
そんな頑張るあなたへの手紙「波予想、風を読む」です。


波予想 浜厚真の風を読む

波予想をするうえで風は重要なポイントです。
風が良ければ多少波が小さくても形がよく、けっこう楽しめます。
反対に大きな波でもオンショアが強ければそれはただのシケになってしまいます。


ここである日の太平洋沿岸の風向、風力を見てみましょう。

北海道の風向、風力


浜厚真近辺は南南東の風6mで強オン。波乗りには厳しい状況です。
数キロ西に離れた前浜(シッカティ)近辺は南西の風4m。サイドオンです。
浜厚真よりはまだ何とかなりそうです。


さらに西にずれて白老、登別近辺は風速が1m〜2m。また厚真より東の浦川方面も
風速1m〜2mになっています。
ただ室蘭や襟裳などの岬の先端は4mとまた風が強くなっています。
ちなみにこの日は快晴で北海道近辺に強風の原因になる低気圧はありません。


さらに日本海沿岸の石狩、厚田近辺も4m〜5mの北西の風でオンが吹いています。
つまり日本海と太平洋から石狩平野に風が吹き込んでいる状態です。


日中の太陽に平野部が暖められその空気は上空に上がり、海上の冷たい空気が
平野部に流れ込んでいます。
これが日中になると吹き始める浜厚真のオンショアの原因の一つです。


ではここでひとつ問題です。
太平洋沿岸にこの日のような風が吹いて波の状態が↓の図のような日はどこのエリアの波
が良いでしょう?

北海道近海の波高と向き

ウネリの向きは南東からで、しかも小さい。


前回もお話ししましたがこのようなウネリがダイレクトにヒットする南東向きの海岸線が
一番波のサイズが大きくなる可能性があります。
あとはその海岸線で一番風が弱いエリアがこの日一番良い波がブレイクしている
可能性があります。


多分、この日の浜厚真は膝〜腿の強オンでかなり厳しい状況と言えます。


簡単ですが風とウネリの向きを考慮した波予想の考え方はこんなかんじです。
ここで重要なのは浜厚真など沿岸のある地点で強オンが吹いていても他の場所も同じ状況とは
限らないということです。ヒントとしては背後に山がある場合などは海岸線の風は弱くなる傾向にあります。
是非この辺を理解して良い波を当てるシュミレーションをしてみましょう。













Top Hokkaido Surfin Backcountry Link
パタゴニア
サーフィン入門講座 サーフィン日記 サーフミュージック  Tボード
車の維持費をタダで抑える! サーフィン、BB関係の本 レスポートサック
サーファーの仕事を考える サーフィン映画DVD、ビデオ ハンディーGPS
パタゴニア



初めての波予想

波予想基本的な考え

気象予報との矛盾

浜厚真における波予想

キーワード南東ウネリ

波予想 風を読む

潮位で波予想

北海道に巨大津波

日本海の波予想1

日本海の波予想2






















































































前< 戻る >次