サーフィン初心者講座  失敗しないサーフボード選び      パタゴニア



最初に使うサーフボードは上達するのに思った以上の影響があります。
合っていないボードではテイクオフもままなりません。 今回は「失敗しないサーフボード選び」です。




失敗しないサーフボード選び

本来このテーマは早めに書かなければいけなかったのですが順番が前後してしまいました。
サーフィンにおいてこのサーフボード選びはとてもシビアな結果を招きます。
つまり上達のスピードがまるで変わってきます。


最初にサーフボードの種類ですが大まかにショートボード、ファンボード、ロングボードの3種類
があります。それぞれの特徴はショートボードはトリック向きで回転性に優れています。
ファンボードはショートよりも長さがありテイクオフも早くあるていどの回転性もありますが
操作感はショートよりも重たくなります。
最後にロングボードですがこの3種類の中で一番浮力がありテイクオフやパドルが早いのが
特徴です。操作感はさらに重たくなりしっかりした体重移動が必要です。


どのサーフボードから始めるのがいいかはどのスタイルが好きかで決まりますが、ショートボードで
始める方は注意が必要です。薄いシェプでロッカーのキツめの板・・かっこイイですよね。
でもこれは中級〜上級向けのボードで波を見る能力、強靭なパドル力、高度のバランス感覚が
要求されます。


このようなサーフボードで波乗りを始めた場合はテイクオフできるまでにはかなりの努力が
必要で最悪の場合テイクオフできるまでに何シーズンもかかってしまうなんてことも
起こりえます。これではサーフィンの楽しみを知る前に諦めてしまいかねません。


オーバーフロー、つまり自分には浮力がありすぎるくらいの板で始めるのが上達も早く
結果的には早く波乗りを楽しむことができます。
大きなサーフボードは浮力もありスタンディングした時にも安定感があります。
ショップで勧められるよりもワンサイズ大きいサーフボードを選びましょう。
これでも実際に海に入った時にははたしてこの上に立てるようになるのかな?
と感じるはずです。


ファンボードやロングボードで始める場合はこの辺の問題は気にしなくてもOKです。
女性の場合はファンやロングから入っていくのがいいような気もします。
基本的にパドル力が不足していますので、サーフボードの浮力がその弱点を補ってくれるはずです。


以上手短にお話しさせていただきましたが細かなディケ−ルは最初のうちは殆ど気にしなくて
いいでしょう。ただ一点!出来るだけ浮力のあるサーフボードを選ぶということだけ気を付けて
いただければサーフボード選びで失敗をすることはありません。


ネットで格安のものも手に入りますが、最初が信頼できるショップでよく相談して
購入するのが間違いないでしょう。


いいですか!ロッカーがきつく薄いサーフボードはかこいいですが
ちゃんと乗れるようになってからですよ!




あなたにとって明日もいい風がふき、良い波がたちますように。









Top Hokkaido Surfin Backcountry Link
パタゴニア
サーフィン入門講座 サーフィン日記 サーフミュージック  Tボード
車の維持費をタダで抑える! サーフィン、BB関係の本 レスポートサック
サーファーの仕事を考える サーフィン映画DVD、ビデオ ハンディーGPS
パタゴニア





サーフィン初心者講座

風と波の関係

テイクオフ基本編1

テイクオフ基本編2

ドルフィン嫌いですか

クローズ寸前での教訓

失敗しないサーフボード選び

ナナメテイクオフを覚える

パドリングを極める

気象サイトで波予想

バックサイドから覚えよう

女性のあなたにアドバイス

テイクオフに失敗する理由ー1

テイクオフに失敗する理由ー2

視線は大事です。

ウエット最初の1着

波乗りがうまくなる唯一の原則

サーフボード リペアの小技

スタンス決まりますか?

なじみのショップを持とう。

あなたへのお願い














































前< 戻る >次