サーフィン初心者講座   ななめテイクオフを覚える        パタゴニア





実はテイクオフには波に合わせて色々なバリエイションがあります。これを覚えれば今まで乗れなかった
波にもチャージ出来ます。今回はその中のひとつ「テイクオフ中級編 ななめテイクオフ」です。



ななめテイクオフを覚える

これは波の進行方向に対して同方向にパドルしてテイクオフするところを若干斜めにテイクオフしてしまう
というテクニックです。
波が小さい時は斜面をそれだけ長く使えたり、波がホレていて通常のテイクオフではパーリングしてしまいそう
にな場合に有効です。またピークはすでにブレイクしていて自分がショルダーよりにいる時にも
役立つテイクオフですので是非モノにしてください。


なぜこれを波乗りを始めたあなたに覚えることを勧めるかというと。テイクオフの次は横に走ることが目標に
なります。真っ直ぐに波をすべりおりて深いボトムターンからフェイスにレールをセット。
これが理想ですが、まずナナメに波をすべりおりて浅いボトムターンからそのまま横に走ることを
覚えましょう。何回か練習するうちに必ず横に走れるようになります。


ただこれは基本のテイクオフが完璧に出来ることが条件となります。
基本テイクオフに関しては以前の「テイクオフ1」「テイクオフ2」を参照して下さい。


やり方は通常のテイクオフとほとんど変わりません。
ただ波に対して若干ナナメにパドルを始めるということです。レギュラーの波でしたらブレイクしていく
方向、つまり若干右に向かってパドルを始めます。ポイントはこの時に意識し過ぎて
角度をつけ過ぎないということです。


このナナメテイクオフの性質上角度をつければつけるほどテイクオフは遅くなります。


またブレイクに余裕がある場合は通常のテイクオフをしてスタンディングする前に板をナナメにする
という方法もあります。


板がすべりだす瞬間は自分が行きたい方向、つまりレギュラーなら波の右方向に視線を向けます。
この行きたい方向に視線を向けるということがひじょうに重要ポイントです。
スタンディングするときに右に体重をかけながら行うと、自然にサーフボードはナナメにすべりだし
いとも簡単にナナメテイクオフの完了です。あとはそのまま横に走るだけです。


今まで真っ直ぐにしかテイクオフ出来なかった方は波をすべりおりてフラットな部分に出てしまい
そこで失速。ということを繰り返していたと思いますがこれで波の斜面を有効に使った
ロングライディングが可能になります。


走りながら波側のレールに体重をかけると板はフェイスの上に上がり逆のレール側に体重をかけると
板はフェイスの下におりてゆきます。これを繰り返すことによりサーフボードは加速してゆきます。
アップス&ダウンというやつです。


ここまでゆけば波乗りの楽しさをかなり体感していただけることと思います。


ただいつもナナメテイクオフばかりではなく慣れたら真っ直ぐにおりてボトムターンから横に走る
練習もして下さいね。


最初にも書きましたがこのテイクオフはホレた波で、通常のテイクオフで真っ直ぐおり難い波ににも
役立ちます。波のフェイスをナナメにおりるのでパーリングの回避にもつながります。
またピークがブレイクしてしまいショルダーのホレたところからのテイクオフも容易になります。
ただこれはナナメテイクオフの上級編ですのである程度の慣れは必要となります。


ぜひこのテイクオフをマスターしてテイクオフのバリエーションを増やしましょう。






それでもうまくいかない方はお気軽にメールください。




あなたにとって明日もいい風がふき、良い波がたちますように。







Top Hokkaido Surfin Backcountry Link
パタゴニア
サーフィン入門講座 サーフィン日記 サーフミュージック  Tボード
車の維持費をタダで抑える! サーフィン、BB関係の本 レスポートサック
サーファーの仕事を考える サーフィン映画DVD、ビデオ ハンディーGPS
パタゴニア





サーフィン初心者講座

風と波の関係

テイクオフ基本編1

テイクオフ基本編2

ドルフィン嫌いですか

クローズ寸前での教訓

失敗しないボード選び

ななめテイクオフを覚える

パドリングを極める

気象サイトで波予想

バックサイドから覚えよう

女性のあなたにアドバイス

テイクオフに失敗する理由ー1

テイクオフに失敗する理由ー2

視線は大事です。

ウエット最初の1着

波乗りがうまくなる唯一の原則

サーフボード リペアの小技

スタンス決まりますか?

なじみのショップを持とう。

あなたへのお願い







































社員をサーフィンに行かせよう イヴォン・シュイナード著
社員をサーフィンに行かせよう









前< 戻る >次