北海道の波予想ページ                  【パタゴニア】FALLカタログ(無料)のお申し込みはこちら
Wave forecast
パタゴニア Photo: Jeff Johnson


上段が道北、下段が道南、地図はドラックして移動が可能で3時間間隔で最大2日先の予想まで見ることが出来ます。
自分が知りたいポイントの波高、波向き、風速、風向、日照などの予想をページの移動をしないで見ることが出来ます。
潮位は函館、室蘭、苫小牧、釧路を見比べれるようにしました。ポイントによっては潮の満ち干が波に大きく影響があるため
大事な要素です。またリアルタイムナウファスではサイトに跳び、知りたいエイアの波浪観測データをより詳しく知ることが出来ます。
さらにimocのサイトより今現在の風向、風速や日照、気温を出かける前に調べてゆけばより完璧です。

道北

道南

潮位
北海道-函館
北海道-室蘭
北海道-苫小牧
北海道-釧路

リアルタイムナウファス(波浪観測データ)

良く使う気象サイト
GPV 気象予想
リアルタイムナウファス
imoc 国際気象海洋株式会社
週間気圧配置図 バイオウエザー
ヤフー天気予報
浜厚真ライブカメラ

サーファーのための気象ガイドブック サーファーのための気象ガイドブック (エイムック―How to surfing (311))
以上のような気象情報もサーファーの波予想のためのものではありません。
この予報からホームポイントの波の状況を予想するためにはちょっとした経験と
コツが必要となります。この辺をもう少し掘り下げて勉強してみたいという方には
この本は良い教科書になります。

本書はサーファーにとって本当に必要な波や海の知識をそのメカニズムから説いた実用書です。
波の写真を大きく扱いながら世界の代表的なポイントとともに波の起こる仕組みに始まり、
日本の波の項目では季節ごとに変化する気圧配置と波との関係を細かく7つに分けて
説明しています。また海底の地形の違いによって起こる波の種類についての説明や、
インターネットでの波情報などサーファーにとって本当に必要な情報を
40項目以上にわたって細かく解説しています。

サーファーのための気象ガイドブック (エイムック―How to surfing (311))

戻る

TOP HOKKAIDO SURFING BACKOUNTRY SNOWBOARD LINK BLOG Fecebook