羊蹄山バックカントリースノーボード滑走日記                              雪山で使えるGPS性能比較
パタゴニア


羊蹄山
羊蹄山
朝の羊蹄山 ピークが見えている。


今回の羊蹄は久しぶりに南墓地の沢から入ることにしました。 札幌を早朝AM3:30に出発。 途中ドラミちゃんとzumyさん、しげさんを拾い
羊蹄へ・・登山口での待ち合わせは5:30なので今回は間に合いそうです。早朝から登り、今日はボールを滑る予定なので早起き、頑張り
ました。 (昨晩は10時に就寝。11:30にドラミちゃんの電話で起こされました・・眠い)


羊蹄山 南墓地の沢ルート
朝日を浴びて輝く山肌
登山口では、すでにドイちゃんが待っていました。 身支度をしていると山頂部分
が朝日に輝いています。 昼まで天候が持てばボールに入れます。
実は今回天気が良ければボールに降りて、焼肉&ビールという予定だったので
すが昨日の天気予報では天気は下り坂との事で用意はしてきませんでした。
どいちゃんとkokiさんはビールは買ってきたとのことで、とりあえず500ml缶をザ
ックに入れていく事に・・いや〜こんなに天気が良いのだったら自分達もビールと
焼肉の用意をしてくるんだった・・ちょっと後悔・・
今日の墓地の沢ルートは、他の前日からキャンプをしているパーティなども居て
賑やかです。 山ボーダーは今のところ自分達のみのようですが、真狩のルート
を含め今日はけっこうな人数が入るはず。 早めに登って彼らが登ってくる目の前
をハイスピードで下りましょう!


登り始めは林道使用で快適です。 雪は春の締まり雪なのでツボ足で大丈夫。 1回目の休憩をしていると後続のパーティーが追いついてき
ました。(けっこうな大部隊。) 途中、沢を渡り快調に登ります。 足に何もつけていないのはやはり楽ちんだ。
標高1000m付近で真狩ルートから登って来る多人数のパーティー発見! よく見ると板は背負わず細引きで引っ張っている。
20人近くは居るかな・・今日は羊蹄参りの日らしい。 結構な人数がこの山域に入っている。(そういう自分達もですが。)


羊蹄山
標高1400m付近の苦しい登り。山頂部は既にガスの中


標高1000mを越えたあたりから天候が怪しくなってきた。 山頂部分にはガスがかかり下に降りてきている。 間もなく自分達もガスの中に
入るでしょう。 あの中は雪も降っているかもしれない・・なんとか9,5合目テラス(1750m)到着。 Kokiさんの提案で今日はここでお昼に
する。 いつものカップ麺を食べまったり。 それにしてもドラミちゃん、よく頑張った! 登り5時間の初ヨウテイはきつかったはず。
大休止の後、板をデポして山頂往復。 今日は1000mより上はクラストしてカリカリなので気を付けて降りなければ・・


羊蹄山 山頂
ガスの中の山頂
斜面へのエントリー地点は斜度40度以上で緊張します。 しかもカリカリ
暫らくは安全を考えて横滑りを交えて下りる。 エッジをたてる足が疲労でパンパン
になっていくのが分かり痛い・・途中左の沢に入ると多少雪が柔らかく滑り易い。
やっとマトモに滑れ安心。 斜面の途中で休んでいると上のガスの中から氷がバラバラ
と落ちてきた。 姿は見えないけれど誰かが上から降りてくるらしい。 早めに移動した方
が良さそうだ。 それに雪解けのこの季節は落石も怖い。 雪の上をバウンドしながら音
も無く跳んでくるので非常に危険!
もう少し下りてガスの下に出たら休憩をして、写真撮影をしよう。


羊蹄山を滑る 羊蹄山を滑る 羊蹄山を滑る
ドラミちゃん kokiさん zumyさん


途中お湯を沸かしてティータイム。 話題はスノーシャベルで滑れるだろうか? とか・・シュラフカバーに包まって滑ったら怖い・・とか
それで羊蹄を滑り降りたらシュラフカバーのスポンサーが付くだろうか・・?とか、バカ話にはなが咲きました。
今回の羊蹄はコンディションは良くなかったし、ボールにも降りられなかったけれど、これも山の一つの顔と言う事で満足でした。
そうそう!しげさんが先に下りてしまったので写真撮れませんでした・・残念!





Top Hokkaido Surfin Backcountry Link パタゴニア
ハンディーGPS性能比較 冬山 バックカントリーの 装備 Tボード 山岳関連の本 
車の維持費をタダで抑える!  山行日記
サーフミュージック サーフィン入門講座
パタゴニア

戻る
気になるGPSガーミン、エンペックス性能価格比較